1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【海外版】ネット炎上から逮捕にいたったイタイ事例。

最近、SNSに投稿した画像などから事件に発展しているケースが増えてますよね。それは、日本だけじゃなく海外でも同じみたい。

更新日: 2013年10月08日

mitsuteru12さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
109 お気に入り 186536 view
お気に入り追加

最近多いよね、SNS投稿から逮捕へ発展する事件

「ファッションセンターしまむら」で店員に土下座させ、その様子を写真に撮ってTwitterに投稿した女性が強要罪の疑いで逮捕

Twitterに爆破予告を投稿し、長岡天満宮で同日開催された音楽フェスティバルのリハーサルを中止させたとして、威力業務妨害の疑いで、長岡京市内の大学生を逮捕

「餃子の王将」のカウンターに裸で座り、写真を撮影したなどとして、威力業務妨害と公然わいせつ容疑で風俗店経営の男を逮捕

「フェイスブック」の同ホストクラブのページに問題の写真が掲載されていた

海外でも同じような事件があった

絶滅の恐れがある動物「スローロリス」を使ったこのような有料サービスは禁止されていることから、業者の若者2人が逮捕される騒ぎとなった

猫の虐待動画をFacebookにアップし炎上

Facebookにアップした動物映像が韓国内のネットユーザーに衝撃を与え、動物保護団体が怒りの声を上げている

投稿者は「泥棒猫で被害をこうむっているので猫獲りキャンペーンを行なっています」というメッセージと共に動画を投稿

韓国の動物愛護協会・動物愛実践協会が怒りを表明し「意図的な虐待」として動物愛護法違反の容疑で警察に告発した

投稿者は「犬から猫を振り払うために蹴った」と意図的な虐待ではないと主張している

Twitterで嘘の情報を流しパニックに

メキシコで、SNSを通じて虚偽の情報を流し、住民をパニックに陥れたとして、数学教師とラジオ番組司会者を無差別攻撃の容疑で逮捕

数学教師はツイッター上に、銃で武装したグループが小学校を襲い「子ども5人を誘拐した」と書き込み、ラジオ番組の司会者も同様の内容のメッセージをフェイスブックに掲載

驚いた両親たちは、子供たちを救うために学校に走った。大変な混雑の中、26件の交通事故が発生。しかし、内容はすべて嘘だった

メキシコ法廷により「テロ法」違反容疑で起訴され、最長30年の刑を宣告されることもあり得ると報道

リッチな逃亡生活、Facebookが原因で逮捕

20万ドル(約2000万円)もの銀行詐欺で追跡されていた男が、メキシコの有名リゾート地カンクーンで逃亡生活を送っていた

警察は男の居所を突き止めようと男の名前を探してみたところ、捜査員の一人がフェイスブックに男のアカウントを発見

「プライベート設定」だったようだが、男の友人リストに、元司法省勤務の人物の名前があったので連絡をとった(バーで知り合ったらしい)

捜査員は写真、動画などの情報をつなぎあわせ、この男が追跡中の容疑者であることを確認。メキシコ警察が彼を拘束し、アメリカに送還された

1





mitsuteru12さん



  • 話題の動画をまとめよう