1. まとめトップ

卑劣!でもちょっとのぞいてみたい?リベンジポルノ 復讐ポルノとは

元交際相手の裸の写真などをインターネットに流出させる、リベンジポルノは海外では専門晒しサイトの存在(現在は閉鎖)などで広く知られており、それを禁止する法整備が進んできている。元カレ 元カノ が加害者に、そして被害者になるリベンジポルノとは?

更新日: 2013年10月25日

mmkyonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 188997 view
お気に入り追加

ストーカー殺人事件の被害者女性のわいせつな動画•画像が海外動画投稿サイトにアップされていた。
投稿者は加害者の元交際相手であることがほぼ間違いなく、犯行時間前後にアップし、本人の手により2ちゃんねるなどを介して犯行理由とリンクを拡散したとみられている。

定義

復讐のポルノ、リベンジ・ポルノとは、離婚した元配偶者や別れた元恋人の裸の写真などをインターネット上に流出させる嫌がらせ行為のこと。
無許可で撮影した他人の写真を投稿するのはプライバシー侵害として禁止する法律は各国で存在する。しかし同意の上で撮影された写真の場合は、別れたあとで公開しても違法とされないため、別れた腹いせにより多くの人々が、かつて信頼していた相手の行為によって生活をひっくり返されている。

出典http://ja.wikipedia.org/wiki/復讐のポルノ

コンピュータウイルスに感染したPCからWinnyなどのファイル共有経由で本人の意図ではなく流出した、個人で所持していた自家製ポルノとは本質的に違うもの

その存在を大きく知らしめたのがサイト『Is Anyone Up?』(現在は閉鎖)

「IsAnyoneUp.com」は昨年4月に閉鎖されたが、類似サイトはいくつもある。その多くが画像削除には有料でしか応じず、自殺する被害者も出るほど社会問題化している。セキュリティ企業「マカフィー」が実施した調査によると、恋人と別れた人のうち10%が、元恋人のわいせつ写真をネット上に公開すると脅した経験があると回答。さらに、そのうちの約60%が実行に移されているという。

海外で進む法整備

日本でも「リベンジポルノ」が増えている

携帯端末で撮影&投稿を手軽にできてしまう今、インターネット上を見渡せば、無断投稿と思われる日本人の卑猥画像がいくらでも見つかるのだ。中にはファイル共有ソフトのウイルス感染での流出もあるだろうが、意図的な投稿を示唆する画像も目立つ。もちろんこれらは、名誉毀損やプライバシー侵害にあたる立派な犯罪だ。公開するといって脅せば脅迫罪にもなりそうだ。

9月25日には「ニッポン・ダンディ」(MXTV)がリベンジポルノの問題を扱った。お笑い芸人で、裁判ウォッチャーとしても知られる阿曽山大噴火さん(39)は、「裁判を見てても、付き合ったときに撮った裸の写真とか(性)行為のビデオを別れた後に脅しに使っている例が結構ある」と話す。

このリベンジポルノの恐ろしいところは、盗撮など無許可で撮影した写真であればプライバシー侵害として違法性を問えますが、恋人関係の時に同意のもとで撮られた写真が使われるところにあります。

日本でリベンジポルノを裁く法はあるのか?

「リベンジポルノ」の被写体が18歳未満の場合は、「児童ポルノ禁止法」に違反し、カリフォルニアで新しくできた法律よりも厳しい刑罰を受ける可能性がある

何故撮ってしまう?何故撮らせてしまう?

「確かに恥ずかしいですが、私は嬉しい気持ちの方が大きいですよ」「すごく恥ずかしいですけど、いつもストレスをいっぱい抱えてる彼がすごく喜ぶし、1人エッチする時に役に立ってるみたいだから、仕方ないなぁって感じです」「つい先日、相方にくどき倒されて手ぶら写メを送りました。なかなか逢えないので『浮気防止のお守り』兼『ひとりエッチのおかず』だそうです」

交際が順調な時はいいですよね。実際、女性向けサイトの掲示板をみてみると、葛藤しながらも容認している人が多数見つかります。

リベンジ?さらし?

法整備が進んだら、芸能人の流出画像とかどうなってしまいますかね?

気持ちはわかる!!でもだめ絶対!!

1


おすすめまとめ


mmkyonさん



公式まとめ