1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

撮ってみたい!風景を水滴にうつりこませた美しいマクロ写真

風景が写りこんだ水滴マクロ写真。ちょっと難しいですが、素人でもがんばれば撮影することができそうです。マクロの世界は、見慣れた世界をちょっとおもしろく見せてくれそうです!

更新日: 2013年10月18日

CuteMonsterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1091 お気に入り 153434 view
お気に入り追加

それにしても美しいですね。水滴に映り込んだ花や植物はまるでフラクタルアートのようにも見えますね。

水滴はそれだけでも見栄えがする被写体だが、水滴がレンズの働きをして、水滴の中に風景が映り込んだ状態では、近景と遠景が同居した不思議な雰囲気の写真になる。

マクロレンズ、もしくはリバースアダプタを使って撮影できます

マクロレンズは高価なのが難点。

高価なマクロレンズを購入せず、少ない予算で超接写を可能にするアイテムとして「リバースアダプタ」というものがある。これをレンズに装着すると、通常とは逆の向きでレンズをボディに取り付けることができ、小さな被写体を大きく写せるようになる。

具体的な撮影方法は↓のリンクで

水滴に背後にある花や草をうつりこませる

雨が降った後の水滴を利用したり、霧吹きなどを使って水滴を作って撮影します。

水滴がたくさんあれば、うつり込む表情はそれぞれ違っておもしろい。

蜘蛛の糸は水滴がたくさんつくので、撮影しやすいかもしれません。

奥にある景色をうつす

景色の中に太陽もいれて、きれいな水滴になっています。

背景にうつりこませたい物を置いてみる

色鉛筆
おもしろい写真になっています。

これはおそらく、カメラを逆さまにして撮影したと思われます。

1 2





まとめるの、結構好きです^^
自分の興味のあること、
気になることを中心に、
ぼちぼちまとめていこうと思っています。



  • 話題の動画をまとめよう