1. まとめトップ

これは魔法?触れずに音を奏でる楽器、テルミン。

テルミンは、1919年にロシアの発明家レフ・セルゲーエヴィチ・テルミンが発明した世界初の電子楽器である。テルミンは本体に手を接触させることなく、空間中の手の位置によって音高と音量を調節できる。

更新日: 2016年05月22日

gachisemeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 20314 view
お気に入り追加

テルミンとは?

テルミンは、1919年にロシアの発明家レフ・セルゲーエヴィチ・テルミンが発明した世界初の電子楽器である。

テルミンは本体に手を接触させることなく、空間中の手の位置によって音高と音量を調節できる。テルミンの本体からは、通常2本のアンテナがのびており、それぞれのアンテナに近付けた一方の手が音高を、もう一方の手が音量を決める。

わずかな静電容量の違いを演奏に利用するため、演奏者自身の体格・装身具などによる静電容量の違いをはじめ、演奏環境に依存する部分が大きく、演奏前に綿密なチューニングを必要とするなど、安定した狙った音階を出すには奏者の高い技量が要求され、演奏には熟練を要する。

有名なテルミン奏者

竹内 正実(たけうち まさみ、男性、1967年1月22日 - )は、日本のテルミン奏者。埼玉県生まれ、静岡県浜松市在住。大阪芸術大学音楽学科音楽工学専攻卒業。

1993年にロシアへ渡り、電子楽器テルミン発明者であるレフ・テルミン血縁の弟子リディア・カヴィナより、レフ・テルミン直系の演奏法を学ぶ。

小型テルミン『マトリョミン』の販売も行っている。

テルミンの元祖演奏家。テルミンの開発者、テルミン博士とともに映画「テルミン」に出演。

テルミン教室「テルミン大学」を主催。
教則本「テルミン学習帳」を出版。

映画「テルミン」

製作年:1993年
ストーリー:世界初の電子楽器テルミンを発明したテルミン博士(レオン・テルミン)は、その後新楽器の開発や演奏活動に奔走していた。だが、ある日研究所から数人の男に連れ去られてしまう。消息の途絶えた博士は、実はソ連で軍事技術関連の開発に従事していた。

ポピュラー音楽にも使われています。

いろいろなテルミン

何もない空間で手を動かして演奏する静電容量方式はオリジナルのテルミンそのままに、iPadやiPhoneアプリで知られる Animoog のシンセエンジンを組み合わせ、オプションで音階設定やピッチ補正機能も備えます。

マトリョーシカにテルミンを組み込んでいます。

1





見てくれた人の役に立つまとめを作っていきたいです。
https://twitter.com/gachiseme

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう