1. まとめトップ
  2. カラダ

肩こりにもバストアップにも!ヒントは胸筋?巻き肩対策

巻き肩解消は肩甲骨ではなく、胸筋のストレッチが重要だったそうです。10月18日おすすめストレッチ動画3つ追加

更新日: 2013年10月18日

fwriter4140さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4168 お気に入り 527117 view
お気に入り追加

みなさん、巻き肩ではありませんか?

★簡単チェック!
  力を抜いて自然に両手を垂らした状態で立ってみてください。
  このとき、手の甲はどこを向いていますか??

  ⇒手の甲が身体の外側を向いている・・・OK!
  
  ⇒手の甲が少しでも前を向いている・・・内巻き肩

巻き肩ってなんなの?

出典ameblo.jp

■白=正常な人の肩甲骨
■赤=巻き肩の人の肩甲骨

肩関節が体の前方にねじれて、背中の筋肉が緊張して硬くなるそうです。

PC作業等を長時間すると、肩関節を内旋させれ筋肉が縮こまり、だんだんと肩が巻き込まれていきます。肩が巻き込まれていくと猫背の姿勢を作りやすくなります。

健康だけでなく美容にも悪影響を及ぼします。

肩が内側に巻くこと、血行の悪さやこり、頭痛や腕の上げにくさを感じます。
見た目にもいいとは決して言えません。

巻き肩は代謝を悪くし痩せにくくしたり、バストを崩したりとボディラインを保つのをとても邪魔をします。

姿勢が悪くなるばかりでなく、上半身の代謝が下がってしまいます。

巻き方対策には大胸筋のストレッチが有効

首から太ももまでの前側部分を同時に伸ばし、まき肩や猫背を解消していく方法です。
回数: 30秒~1分 一日3~5回

①両膝を肩幅に開き、つま先を立てます。

②後へゆっくりと状態を反らせていき、足首を掴み状態を支えます。
この時、首は起こさず力を抜きましょう。

③みぞおちを矢印(前方やや上方)の方向へ。
突き出すのではなく、みぞおち部分が引っ張られるような感覚で前に出し、上体を弓なりにして下さい。

①まず脇と肘それぞれが90度になるように腕を上げます

②壁に手をつけます

③外側の足を一歩踏み出します

こうする事によって手が肩より後ろに行き胸が開かれます
この状態を気持ち良いと感じる程度の力で行い
30~60秒ぐらい続けます

写真ではあまり伸びてなさそうですが、実際やってみると結構伸ばされる感じがします。

1





主に旅行・旅関係のことをまとめています

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう