1. まとめトップ

知っておきたい転職サイト!!転職のテクニック

転職は情報収集が最も大事だと思います。その中で、業界の動向や自己の経歴アピール方法などをまとめがあれば便利ではないでしょうか。そんな思いから、転職エージェントでも使う転職に役立つWebサイトをまとめてみました。これであなたも転職マニア!よりよい職場を求めてがんばって下さい!

更新日: 2014年07月18日

fx000さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
138 お気に入り 26125 view
お気に入り追加

1.履歴書・職務経歴書作成

転職の第一歩は自分のアピールポイントをうまく表現すること。

【職務経歴書の書き方】リクルートエージェント

転職活動に使う職務経歴書は、経歴を事務的に書き並べる「記録文書」ではなく、自分自身を応募先に売り込むための「プレゼンテーションツール」。上手な書き方には、秘訣があります。

工夫のポイントは「見やすく」「わかりやすく」

【職務経歴書自動作成ツール】メイテックネクスト

エンジニア系限定になるが、この自動作成サービスはかなり使える。
自分の所属やら基本情報、時系列に沿ったプロジェクト参画の履歴を書いていくと活動実績とアピール可能なスキルがセットになった形での職務経歴書が完成する。

特に初めて職務経歴書を作成する方に、この自動作成ツールをおすすめします。

【外資系などの履歴書や英文レジュメの書き方】JAC Recruitment

英文レジュメを書く際に、まず気になるのは文法や形式などかもしれません。しかし、肝心の中身が伴っていなければ・・・。

業務内容ごとにまとめた「キャリア式」が一般的な書き方ですので、特別な事情がない限りはいずれかの書き方を踏襲すると良いでしょう。

2.業界研究

就職ジャーナル

本来就活向けサイトではあるが、異業界の研究をするならば容易なレベルから入るのが望ましい。
学生向けにざくっとどんな業界なのかを解説しているこのサイトは活用できるはず。

業界動向SEARCH

任意の業界の規模や主なトップ企業を知りたいならばこのサイトがわかりやすい。

各業界の動向を分かりやすく天気図で
視覚化したサイト。

キーマンズネット

IT業界に限定されるが、キーマンズネットが提供する市場シェア情報はかなり貴重。
どのシステムがどんな普及率になっているのかという情報は、スキルとシステムが強く結びつくIT技術者が転職を考える上では非常に重要。

大手企業のように情報システムの専門組織が無く、ITに詳しい人材も少ない中堅中小企業向けに、ITの活用法や導入事例を“わかりやすく”紹介する。

3.求人検索

仁王

このブログでも昔から推しているが、仁王の求人検索はやっぱ素晴らしい。
何がすごいって、求人広告ではなく、あらゆる企業HPで募集している求人を横断検索できるところ。

出典nioh.jp

25,000社以上の採用ページに掲載されている求人情報に加え、企業別の年収や口コミ評価などの転職に役立つ情報もまとめて検索!

はたらいく

企業に人柄を伝え、自分に興味をもたせるという新しいアプローチをしているのがはたらいく。
厳密には求人検索ではなく、企業に自分を検索させるというアプローチが主体。

職歴やスキルなどの目に見える条件だけでなく、あなたの「ひとがら」や「自分らしさ」にマッチした仕事との出会いを応援する、求人・転職情報サイト

「はたらいく」のGoogle+ページでは、“なんかいい”様々な情報を発信しています。 グーグル+のアカウントをお持ちの方は是非+1やフォローをしてみてください。 goo.gl/VBkQCH

転職サイト「はたらいく」を利用して転職活動した人の口コミ評判をまとめてご紹介。1000件を超える体験談評価とランキングで転職支援が探せる国内最大級の転職支援評判サイト agent.jobmark.jp/hatalike.html

4.面接テクニック

リクナビNEXT|面接逆質問集

リクナビNEXTの中にある転職パーフェクトガイドの一つ。
この逆質問集に限らず、この転職ガイドには使える小技が結構多いので見ておくといい。

面接時に必ずといっていいほど出てくる「最後に質問があればどうぞ」というひと言。

ソーシャルタイプ解説

面接官のタイプに合わせた面接展開をお勧めした話のベースに位置付く診断プログラムの話。
普通に受講すると10万円くらいする研修のエッセンスの多くがこのサイトで解説されている。

4つのソーシャル・スタイルを順にご説明していきます。

面接官は4つのタイプに分かれる

転職活動の面接では現場部門も含めていろんな人が出てくる。
というわけで、そのタイプ・キャラが判別できれば波長を合わせやすくなるだろうという話。

面接官のタイプ別攻略法

1.事実を重視し、感情を込める人、2.事実を重視し、感情を隠す人、3.感覚を重視し、感情を込める人、4.感覚を重視し、感情を隠す人

1 2





fx000さん

JinsPCが気になる今日この頃。
キャリアアップにつながる転職や、ビジネス関連の情報をまとめていきます

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう