1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大変な事になっているアメリカのフードスタンプ事情

アメリカ流生活保護と言われているフードスタンプ。最近、これを巡り、様々な事がおこっています。

更新日: 2013年11月21日

satomonoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
125 お気に入り 207231 view
お気に入り追加

フードスタンプとは

アメリカ合衆国で低所得者向けに行われている食料費補助対策。公的扶助の1つ

最大1人あたり月100ドル相当のスタンプ(スーパーマーケットなどで使用可能なデビットカードの形式が多い)が支給される

ひもじい思いをしないための最低限の食費補助が目的。タバコやビールなどの購入の支払いには使えません

フードスタンプを受ける人は一食に1.25ドルの予算。別の言い方をすれば、フードスタンプに頼る家庭は、一人の全食事を一杯のコーヒーの値段より少ない金で買わねばならない

フードスタンプ利用者は毎年急増している

2012年6月のフードスタンプの利用者が過去最高の4,670万人に上ったと米国農務省が発表。アメリカ人口の約15%

2009年3600万人だから実に3年で1200万人も受給者が増えていることになります。現在は5000万人を超えていると言われています。

2012年度のフードスタンプ利用者は1億人以上で民間企業で働いている米国人を上回る

発表は農務省との事ですが、肝心の農務省ページがデフォルトで閉鎖されていて確認はできませんでした。

世界最大の消費国家であるアメリカの経済が立ち直っておらず、むしろ悪化し続けている

このフードスタンプの増加は貧困層が増加している事を意味します。

発生するフードスタンプ詐欺

日本でも一部の人が行う生活保護受給詐欺が大々的に報道されましたがフードスタンプでも同様の事が大々的に報道されました。

しかし、詐欺を行うのはほんの一部であることを忘れてはいけません。

フードスタンプでは嗜好品が買えないため、換金しようとする者も存在する。フードスタンプの年間の政府支出は750億ドル(約6兆円)以上に上る。このうちの7億5000万ドル(約600億円)が詐欺による損失

タバコ店でフードスタンプ詐欺を調査する過程で、捜査官は疑わしい取引を行う30人以上を見つけた

タバコをフードスタンプで購入するのは禁止です。売却するのも禁止です。

予算カットに進んでいるフードスタンプ

最近は、 フード.スタンプ受益者に対して厳しい雇用条件案を提起している共和党議員もいるなど、フード.スタンプに抵抗を示す極右派の議員が増えている

上記のフードスタンプ詐欺が原因の一旦を握っています。また、圧迫する資金もあります。

9月19日アメリカ議会は今後10年間でフードプログラムにかかる資金から390億ドルをカットする事を可決

議会は通ったがオバマ大統領の許可が得られていない状況です。

2014年には380万人がフードスタンプ給付を失うことになるだろうと推定

影響は、国の最も貧しい大人だけでなく、低賃金で働く親の子供、高齢者、そして家族が含まれている

オバマケアの他に共和党が予算削減のターゲットにしているのは、低所得の家庭および身体障害者に提供される補足栄養支援プログラム(SNAP )であるフード・スタンプ

オバマケア同様、米国のデフォルト問題に関わってきます。オバマケアでなくともフードスタンプ予算削減を認めれば債務上限を認めるとしています。

EBT Cardsの不具合でとんでもない事件が

10月12日、コンピュータ障害が原因で一時的にフードスタンプの購入処理が停止した

ゼロックス(富士ゼロックスではありません)が担当しているシステム不具合で使用上限が無くなってしまい、何でも購入できるような状態になり、対応として、逆に購入できない措置を取ることになりました。

EBTカードシステムを採用している17の州全てが影響を受け、その間EBTカードで食料を購入する事ができなかった

そして、ほとんどの州では食料の購入を受け付けない措置を行いました。

店でフードスタンプの購入ができなくなり、フードスタンプを頼りにしていた人達が困っていた

今でも怒りの声がツイッター上で挙がっています。暴動が起こりそうになった地区もあります。

金額上限がなくなりウォルマートではいっぱいに食料を積んだ客であふれた

逆にウォルマートは貧困層が困らないよう、購入できるようにしてとんでもない状態になりました。後の動画を参照

フィラデルフィア、ミシシッピのウォルマートで小さな暴動が起きた。オーナーは店を一時的に閉めた

1 2





satomonoさん



  • 話題の動画をまとめよう