1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

まさかの時に!「水没スマホ」の応急処置方法

携帯電話も本格的にガラケーからスマートフォン時代に。しかしスマホを水没させる人は多いようです。「水没スマホ」の応急処置・復活方法をまとめます。

更新日: 2016年02月12日

springspringさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
828 お気に入り 748816 view
お気に入り追加

●スマホ利用者の30%が水没・落下を経験

スマホを水没・落下させた人も多いはず。

スマートフォンを利用している人の約30%が、スマートフォンを水没・落下をさせたことがある

●スマホの水没の原因

トイレ・雨の日の活動・洗濯・洗面・お風呂での使用で水没することが多い

ネット上でもトイレで水没させる人が多くいる。

【悲報】スマホ、トイレに水没。なお、用は足していなかった模様。

●水没した際にすべきこと

スマホを水没させた際にはまず以下の手順で水分を拭き取る。

① 電源を落とし電池パックを抜く
② (トイレに落とした際は)真水を含ませたタオルで拭く
③ カバーを開ける
④ 水分を拭き取る

一秒でも早く電池パックを抜きます

ショート防止のため。電池パックが抜けない機種の場合には、電源が点いているなら電源を落とす。SIMカードとSDカードは早急に抜きとる。

タオルに多めに真水を含ませて拭き取る

トイレ等に落とし、泥汚れや不純物などが付いている場合。

開けれるフタをすべて開ける、カバーというカバーを開け水分を拭き取る

●水分を拭き取る際の注意点

水分を拭き取るときには本体を傾けたり振ったりしない

濡れてないところにも水が入ってしまう場合があります。

ドライヤーでは表面しか温まらず、それほど効果はありません

●効果があるのはシリカゲル(乾燥剤)を利用する方法

簡単に言うとお菓子や海苔缶に入っている乾燥剤。猫砂として利用されていることも。このシリカゲルには水分を吸収する作用がある。DIY店や薬局で入手可能。シリカゲルとスマホをジップロックなどの密閉容器に入れるだけ。

密封してシリカゲル放り込んでたらスマホ復活したああああああああああああああ!!!!

御菓子の乾燥剤シリカゲルをたっぷり入れジップロックして冷蔵庫に入れた~~~~~~~っ‼RT @u5_3 内部基板系にも浸水…5分じゃ乾ききらないのでは? 電源切って冷蔵庫に1日放置すると内部まで乾き…RT iPhone4を風呂に完全水没…

ソフトバンク社長・孫正義氏も、愛用するiPhone4を水没させた際にこの方法で復活させた。

●ちなみにシリカゲルの代用品としてはこんなものもある

シリカゲルの代用品としては、市販の「湿気とり」が挙げられる。シリカゲル同様に「塩化カルシウム」が水分を吸収する仕組み。100円ショップなどでも販売されており経済的。

市販の水とりぞうさんなどの「塩化カルシウム」の容器の上にスマホを乗せて、密封形ジップロックで包み込みましょう

「塩化カルシウム」はシリカゲルの3倍の吸湿作用があるという。

水とりぞうさん入れたジップロックに水没スマホ入れてたら乾燥してて、お、これは・・・?って期待して電源入れてみたら画面点いたあああああああああっっしゃあああああああああああ

なんとお米もシリカゲルの代用品になる。ネット上では実際に試して復活に成功した人の体験談も多く報告されている。

1 2







  • 話題の動画をまとめよう