1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

悪者だけじゃない、みんなが知らない「正義のハッカー」

なんとなくしかわかっていない人が多い「ハッカー」についてまとめてみました。

更新日: 2013年11月17日

デュナズさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
758 お気に入り 294896 view
お気に入り追加

ハッカーってこんなイメージだけど…

ハッカーが3800万件のアドビIDと暗号化されたパスワードやクレジットカード情報を盗み出した

ハッカー集団アノニマスがシリアのアサド政権に対する攻勢を強めている。最近、シリアの政府機関のサーバーにハッカー攻撃を仕掛け、そこで得た情報をリークした

悪意をもってコンピュータシステムへの不正侵入や攻撃などを行うハッカーは、特に「クラッカー」と呼ばれる

7割以上の人が間違える「ハッカー」の意味

小学館の国語辞典「大辞泉」編集部による“間違った意味で使われる言葉ランキング”では1位だった

ハッカーは、もともと「コンピューターやインターネットの技術にくわしい人」という意味

小学館によると、多くが「クラッカー」と混同しており、新聞、テレビの報道でもそうした使い方が見られる

不正行為をする人という意味はないが、そうだと思ってる人が77.4%もいるらしい

本来「ハッカー」という用語には悪い意味はなく、むしろ高い技術を持った人々に対する尊称として使用されていた

クラッカーと戦う正義のハッカーもいる

(ホワイトハッカーとは)「ハッカー」のうち、特にその技術を善良な目的に活かす人のこと

特に、クラッカーに対抗する能力を持つセキュリティエンジニアを指す場合が多い

セキュリティ上の欠陥を調べたり、悪意をもったハッカーやクラッカーによる不正侵入を監視したりといった生産的な行為を行う

高い能力が求められ、ビジネスの中心にもなれるホワイトハッカー
調べてみると、求人では、「年収1,000万円~」という企業が多数あります

日本人で最も有名なのは、この人

父は、ノーベル化学賞を受賞した下村脩(驚

90年代前半、FBIが追っていた全米指名手配の史上最悪のクラッカーであるケビン・ミトニックとインターネットを舞台に激しい戦いを繰り広げたという人物

(下村が)彼の正体を突き止め、住居を特定することに成功
FBIが家へ踏み込み、全米で最悪と呼ばれたハッカー、ケビン・ミトニックが逮捕された

逮捕に協力したことで、下村はアメリカ、日本をはじめ世界にその名を知られる

(この事件は)テイクダウンという本になり、これを原作としてザ・ハッカーという映画にもなった

日本はホワイトハッカー不足が深刻

若い世代のホワイトハッカー育成が急務という声も

米国では、ハッカーの雇用が日本より進み、政府だけでなく、主要な金融機関や製造企業での採用も活発化している

現在、国内における情報セキュリティに従事する技術者は、約26.5万人といわれているが、潜在的には約8万人のセキュリティ人材が不足

米国や韓国など、サイバー先進国で活躍するホワイトハッカーは20歳代前後が中心だが、日本はデジタルネイティブ世代の採用が遅れ、ホワイトハッカーの多くが30~40歳代

若い世代の人材育成の必要性に迫られているんだとか

1 2





デュナズさん

気ままに参加~★



  • 話題の動画をまとめよう