1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

次世代マネー「ビットコイン」から見える新しいお金の形

最近ちらほらとですが、新聞記事にもたまに登場する「Bitcoin(ビットコイン)」というワード。新しい仮想通貨として注目されているようですが、一体そもそも何なのか?何が凄いのか?その辺をまとめてみました。

更新日: 2013年12月24日

聖治54さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
486 お気に入り 85806 view
お気に入り追加

Bitcoin(ビットコイン)というお金が今注目されてる?

「ビットコイン」という名前のコンピューターとインターネットの中だけにある仮想通貨を使う人たちが、世界各国で徐々に増えている

ビットコインで買えるモノには、ゲーム、ギフト商品、本、サーバーなどがあり、中にはアルパカの靴下なんてものも……

なぜにアルパカの靴下w

10月中旬より中国の検索サービス百度が音楽サービスの支払いをビットコインでもできるようにしたため、ビットコイン取引が急増

お隣中国でも徐々に普及してるみたい

普通のお金とはまったく違う次世代マネー

お金といっても千円札とか10円玉みたいな現物は存在しないお金

ビットコインは個人間で直接取引でき、銀行など経由する必要がない。これにより手数料が非常に低く抑えられ、どの国でも使用できる

一般的な電子マネーとの決定的な違いは、通貨そのものであるのにもかかわらず、国が発行に一切かかわらないことである

歴史上おそらく初となる無国籍かつオンラインの通貨が流通するようになれば、為替のなど手数料がほとんどゼロになるだけでなく、国の経済政策そののもを根底から覆す可能性がある

なんかスケールが凄い(゚д゚)

ビットコインの流通量はプログラムによって決まっており、あと20年ほどで供給量がピークになるように設定されている

プログラムがお金の流れを決めてるってなんかSFみたい

ビットコインの仕組みを考えた人は実は日本人かもしれない

ビットコインの仕組みは、中本哲史氏という謎の日本人が、2009年に発表した論文に基づいて開発されてきた

アメリカの社会学者テッド・ネルソンが「ビットコインの本当のクリエーターは、望月新一に違いない」と主張するYouTube動画を公開

ただ、実際のところ確証は取れていないため、未だに新の開発者は謎のまま…

仮想通貨とはいえ、ちゃんと取引所を運営してるところがあるんですね

東京・渋谷にあるビルの一室。ここにビットコインと世界の通貨とを交換できる取引所、「Mt.Gox(マウント・ゴックス)」がある。登録者数50万人、世界中の取引の7割を占める

口座はネット銀行に口座を作るのと同じ手続でできる。登録個人情報を登録し、運転免許証など個人と住所を証明する書類をスキャンして送信するだけ

現金を替える以外にも、「採掘」といって、私たちの手持ちのコンピューターが複雑な計算を解くことによってビットコインが発行される

高性能なコンピューターほど「採掘」が捗るみたい

ビットコインの仕組みについて簡単に説明してくれてる動画です

ビットコインから見える「お金」の仕組み

ビットコイン現象を見ると、今使っている紙切れやコインがどうして「お金」になったのかがわかりそうです

お財布に入っているお札はただの紙切れで何の役にも立たない。けれど、みんながお金だと思っているから、お金として役立つ

多くの人は、国の信用力や権力がお金の価値を支えていると思っているけど、お金を発行しても誰も受け取ってくれなければ意味がない

ビットコインはまだドルやユーロと競合するレベルになっていない。けれど、何百万、何千万人とも、とにかく多くの人がお金だと思い込み、分水嶺を超えるとちゃんとしたお金になる

まだビットコインはそこまでには達してないみたいです

お金である以上は避けられない事態も…

出典nymag.com

ユーロ危機のような大暴落は仮想通貨のビットコインにも起きるかも?

金融危機の際には、ビットコインは供給量が決まっており、値崩れしにくい一種の安全資産とみられ、資金が集まった

投資の対象としてもホットみたい

今年4月には1ビットコイン2万6千円だったものが、6時間後には1万3千円にまで値下がりするという、「バブル崩壊」が起きた

お金である以上、バブルになってそれが弾ける可能性も…

国家にとっては、お金を発行するという権利は軍隊を持つ権限と並ぶくらい大きな権利。そんな権利を民間が持とうとすると、必然点的にある程度の規模になったら国家との衝突は避けられない

今後のビットコインの成長具合によっては国も無視できないレベルになるかも?

1





このまとめへのコメント8

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • y_hさん|2013.11.05

    株や債券などへの投資や貯蓄に対応すれば、通貨のしての価値も上がりそう。
    また、決済需要の増加に対応できる、ゆるやかなインフレ機能が通貨に組み込まれていると良いと思う。
    かつての金本位制通貨は、ゆるやかなインフレを実現する機能がなかったため、決済需要の増加に対応できずに破綻したのだと思う。

1

聖治54さん

楽しくまとめを作りたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう