1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

飲むだけ!妊婦の悩みを解決するハーブティー。つわりや貧血対策、風邪予防、安産効果など

風邪薬やカフェインなどNGなものが多い一方、つわりや便秘、貧血などの悩みも増える妊娠期。おすすめのハーブティーを紹介します!

更新日: 2014年02月03日

kaori48さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
341 お気に入り 118195 view
お気に入り追加

自然の恵みいっぱい!妊娠中でも安心して飲めるハーブティーをご紹介します。あなたのお悩みに合ったハーブを見つけてみてくださいね。ただし、いくら体にいいといっても、ハーブは西洋では昔からお薬としても使われていたもの。飲みすぎはおすすめできませんよ。

【ジンジャー】つわりに効く

ジンジャーティーや、ジンジャーチップが、つわりに効くとして妊婦さんの間で話題です。実際にオーストラリアの産科医による研究発表では、つわりに苦しむ妊婦さんの約半数に効果があったとされています。

ジンジャーは、吐き気やむかつきの治療効果があると言われています。ただし、大量摂取はNGです。

【ペパーミント】つわりに効く

ペパーミント・・・・・・主成分のメントールは透き通るような清涼感あふれる芳香は気分をリフレッシュしてくれ、胃痛、消化不良、吐き気などの消化器系の特効薬と言われています。

ただし、少量ならOKということで大量摂取は避けましょう。

【エルダーフラワー】風邪・インフルエンザ予防

エルダーフラワーは、ヨーロッパでは「田舎の薬箱」と称されるほどの万能ハーブ。特に風邪・インフルエンザに効くと言われている。

【ダンディライオン(たんぽぽ)】便秘解消

ダンデライオン(ドライハーブ)ゆるい下剤、利尿作用があります。 妊娠していても安心して使えるハーブです。

【ハイビスカス】疲労回復・便秘解消

ハイビスカスにはビタミンCやクエン酸、リンゴ酸といった栄養成分が豊富に含まれており、美容や疲労の回復にとても効果的です。

カフェインレスなので、妊娠中の方でも安心して飲めるハイビスカスティ。便秘解消効果のほか、クエン酸やビタミンCの効果で疲れを解消してくれたり、

ただし、少量ならOKということで大量摂取は避けましょう。

【ローズヒップ】疲労回復

ローズヒップの新鮮なものは、ビタミンCを豊富に含んでいて、ローズヒップ100gに、およそ1000mgのビタミンCが含まれていることから疲労回復に効果が期待されています。

【ネトル】貧血対策

1 2





kaori48さん



  • 話題の動画をまとめよう