1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

メイク落としだけじゃもったいない!オイルクレンジングの意外な使い方

メイクがしっかりすっきり落ちると人気のクレンジングオイル(オイルクレンジング)。買っては見たものの、肌に合わなかった・いつ空けたのかよくわからない・他にお気に入りのメイクオフ商品を見つけてしまったなどの理由で家に余った状態で保管してある人に朗報!オイルクレンジングはメイク落とし意外にも使える

更新日: 2016年04月26日

aqua38さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
486 お気に入り 150455 view
お気に入り追加

▼オイルクレンジングとは?

メイクがしっかりすっきり落ちると人気の
オイルタイプのクレンジング剤。
でも買ってはみたものの
・肌に合わない
・いつ開けたかわからない物が残っている
等の理由で残ってしまったクレンジングオイル
でも捨てるには惜しい…って人の為にクレンジングオイルの再利用法や使い道を調べてみました!

クレンジングオイルは界面活性剤(※)が他のタイプのクレンジングよりも多く入っている場合がある

界面活性剤とは水と油を混ぜ合わせるために必要な成分で、メークとオイルをなじませるために重要なもの

メイクだけではなく大気中の汚染物質や皮脂が酸化して、油汚れになったものまできれいに落とすことのできる強力なクレンジング剤

ベタつきやすく、化粧崩れの原因となる皮脂の分泌量が多いTゾーンにぴったり

▼オイルクレンジングは肌に悪いのか?

『オイルクレンジング剤は肌に悪い!』とよく聞きますが、真相はいかに?

オイルクレンジングに向いているのは、比較的
・肌が脂っぽいオイリースキンの方
・舞台メイクばりにバッチリメイクをしている方

オイルは洗浄力が高い為に肌に必要な油分まで奪いすぎてしまい、肌を乾燥させてしまう

▼クレンジングオイルの再利用法

メイク落としなので、
ファンデーションやチーク等がついた
メイク用品のお手入れには最適♪
またメイク用品を入れているポーチ等が
汚れた場合にも使える!

手の油汚れ

お肉のカットやコネるなどの調理時、ベッタリと手にくっついてしまう油。お湯と石鹸で洗っても、なかなか落ちないのが困りものですが、オイルクレンジングを使えば簡単に落とすことができます。

日々のお手入れや、
年末に溜まった油汚れを落とす際に
簡単にできる油汚れを除去する方法として!

油汚れ落としに

洗濯時に襟まわりや食べこぼし等の油汚れにつけて、服の繊維がいたまない程度の力で馴染ませてそのまま他の洗濯物と一緒に洗濯機へ。
絨毯等にも使えます。

ついうっかいファンデーションがブラウスに!
メイクが帽子に!
口紅が襟元に!
等メイク汚れ落としだけでなく、
油を含んだ皮脂汚れ落としにも
クレンジングオイルは使えるようです

オイルタイプのクレンジング剤は水分を入れないで、界面活性剤のみを入れています。
油性成分が主体なので、3種類のクレンジング剤の中では、一番油汚れを落とし衣類の染み抜き剤として最適

襟の汚れ

顔からも分泌される皮脂汚れを落とす効果があるオイルクレンジングは、襟の皮脂汚れ落しにもぴったり!エリ汚れに馴染ませて優しく揉んだあと、いつもどおりに洗濯機で洗う。

衣類などについたメイク汚れを取る

乳化タイプ、クリームタイプのクレンジング剤は、人体についた化粧品などの汚れは落ちますが衣類についた化粧品のシミにはあまり効果はありません

地肌ケア

ヘアシャンプーをする前(乾いた状態の時)に、地肌へクレンジングオイルを付け地肌マッサージした後、通常のシャンプーをすると、毛穴に詰まったアブラ汚れをすっきり洗い流すことができる

へそのごまとり

おへそに落として綿棒でクルクルすると、おへそのゴマがきれいに取れます。

ひじとかひざ、くるぶしの黒ずみを取る

角質や汚れがたまりやすい所はクレンジングでまず奥の方の汚れを落としてから洗ったら綺麗になるそうです

革製品用のクリームとして代用

革でも人工革でも大丈夫!靴なんかにスポンジに軽く付けて延ばしてみて下さい。

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます
女性向け、ライフハック、美容、子育て、雑学、暮らしのアイデア、DIY、100均アレンジ等役立つ情報をまとめています



  • 話題の動画をまとめよう