1. まとめトップ

『インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな‼』【危険】

『インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな‼』我々は医者に騙されていた!!【真実】【医学】【怖い話】

更新日: 2013年11月28日

abitarouさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
83 お気に入り 286093 view
お気に入り追加

『インフルエンザワクチンは絶対に打つな‼』

■厚生労働相がインフルエンザ・ワクチンは効かない事を認めた。

Q.16: ワクチンの接種を受けたのにインフルエンザにかかったことがあるのですが、ワクチンは効果があるのですか?

A:インフルエンザにかかる時はインフルエンザウイルスが口や鼻から体の中に入ってくることから始まります。体の中に入ったウイルスは次に細胞に侵入して増殖します。この状態を「感染」といいますが、ワクチンはこれを抑える働きはありません。

■知っていましたか?インフルエンザ・ワクチンが効かない理由?

インフルエンザ・ウイルスそのものが、効果のあるワクチンを作れない性質を持っている。

はしかのウイルスのようにあまり形を変えないウイルスで、人間にしか感染しなければ、効果の高いワクチンを作ることができます。しかし、インフルエンザ・ワクチンはそうはいきません。

インフルエンザ・ウイルスは人に感染しながら、”絶えず形を変えるウイルス”だからです

■インフルエンザより危険なインフルエンザ・ワクチンの実態

ワクチンは薬事法上の劇薬です。
しかも発がん性物質でもあります。

インフルエンザ・ワクチンの副作用事故は今も起こっています

副作用として代表的なものは、ワクチンに含まれている物質へのアレルギー反応です。

大きな副作用のひとつに、ギランバレー症候群があります。免疫機能がおかしくなる病気です。

この他、インフルエンザ・ワクチンは黄疸や肝機能障害を起こしたり、喘息発作を誘発したりすることがあります。

副作用で起きる「ギラン・バレー症候群」

筋肉を動かす運動神経の障害のため、急に手や足に力が入らなくなる病気です

昔はインフルエンザ予防接種したこともあったけど、副作用(ギランバレー症候群等)知ってから注射するの止めました。

■ロングセラー『インフルエンザ・ワクチンは打たないで!』の著者がワクチンの危険性を解説。

■インフルエンザ・ワクチンの四つの嘘

1「インフルエンザは死に至る病 だからワクチンが必要」の嘘

インフルエンザはかぜの一種です
「インフルエンザはかぜじゃない」というポスターは、インフルエンザ・ワクチンを打たせるための宣伝なのです。

2.「20~30パーセントは効く」の嘘

衛生研究所で確認した「やっぱりこのワクチンは効かない」

3.「ワクチンは重症化を防ぐ」の嘘

脳症とインフルエンザは別の病気です。脳症の原因はまだ明らかになっていません。厚生省では、1998年、研究班での調査では、ワクチン自体には脳症を防ぐ効果はない、との結果がはっきりでました。

4.「家族や他人にうつさないためにワクチンを」の嘘

結局、インフルエンザ・ワクチンで流行は阻止できないことがわかり、厚生省は1994年に集団接種をやめました。流行を阻止できないということは、すなわち、他人にうつしてしまうことは避けられないということです。

■何もしないほうがはるかに安全

ほとんどの副作用は報告も補償もされません

昨今、乳児や幼児へのインフルエンザ・ワクチン接種が奨励される傾向にあることは、とても危険だと思っています。副作用がおこりやすいのは乳幼児だからです。

インフルエンザ予防接種を昨日打って、鼻水たらしている。副作用? 病院で風邪ひろってきた?

先程からずっと鼻水が止まらないのですがこれはインフルエンザの副作用!?( ´Д`;)ズビー

インフルエンザ予防接種の副作用で…風邪みたいな症状が(つд`)

1 2





文章を書くのと読むのが好きです。

Twitterアカウント
https://twitter.com/abiabitarou

書評、就職活動、自己啓発、生活の知恵、についての情報ブログやってます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう