1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

【構成と色彩の魔術師】70'sファッション写真家ギイ・ブルダン

サムネイル:http://pleasurephoto.wordpress.com/tag/guy-bourdin/page/7/

更新日: 2013年11月03日

間借成太さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
377 お気に入り 66675 view
お気に入り追加

■ Guy Bourdin (1928‐1991)

20世紀に、最も魅惑的で挑発的なファッション写真を撮影した写真家である。

1955年から87年まで、30年以上『Vogue Paris』の写真家として働く。1970年代、80年代の世界的なファッション誌は、彼の写真で埋め尽くされた。シャルル・ジョルダン、ブルーミングデールズ、ディオール…

■ 作風

グラマラスでありながら、その多くがシュールな彼の作品は、ファッション写真の分野に変革を起こした。

ファッションを作品の主題として扱うのではなく、贅沢な装飾として表現し、欲望や消費そして性的欲求のなかに潜む暗い幻想を描写した。

シュルレアリズムの影響を受けた画面構成、青緑色などの鮮やかで印象的な色彩、女性の官能的な描写が特徴。

1950年に、パリでマン・レイ(シュルレアリスト)と知り合い画家を目指ていた時期も。

作品

マン・レイの"アングルのヴァイオリン"を思い起こさせますね。

出典dailyserving.com

1 2 3





間借成太さん

分かりやすく、面白いを目指してます。アート、女性向け、音楽など。

ジャンル別一覧
http://matome.naver.jp/odai/2141342260758585801

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう