1. まとめトップ

「ぐんま」を(勝手に)PRする!~第2回群馬県民の日 In Tokyoの軌跡~

2013年。10月28日の群馬県民の日の前日である27日(日)に都内某所に80名のグンマーが集った。それが「第2回群馬県民の日 In Tokyo」。群馬に生まれ、あるいは群馬にゆかりを持ち、東京で出会った、この奇跡。

更新日: 2014年09月15日

canpan2009さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 9725 view
お気に入り追加

それは、イベント告知から始まった。

第2回群馬県民の日 In Tokyo ~「ぐんま」を(勝手に)PRする~
日時:10月27日(日)13:30~17:30(開場13:00)
会場:日本財団ビル(虎ノ門駅、溜池山王駅より徒歩5分)
参加費 : 2,000 円(一般)、1,000 円(学生割、群馬から参加します割)

昨年の群馬県民の日に第1回が開催され、大好評のまま終了したあのイベントが、今年再び開催されます。
前橋育英高校が甲子園を制覇し、ぐんまで開発されたロケット「イプシロン」が宇宙へと旅立ち、来年は富岡製糸場がついに世界遺産へと登録される予定です。

今、間違いなく「ぐんま」に風が吹いています。そんな今だからこそ、我々の原点である「ぐんま」についてもう1度考えてみたい。
このイベントは、そんな思いを胸に抱く群馬出身の社会人たちが仕掛ける企画です。

今回のイベントのテーマは、「ぐんまを(勝手に)PRする」。
群馬県民と元県民、縁ある方が一同に会し、「ぐんまを日本中、世界中に発信するには私たちに何ができるか?」について考える、全員参加型のイベントです。

さらに県民の日当日(10月28日)の夜には、都内にある群馬関連の飲食店3店舗で、「祝賀会」開催をします。都内各所から県民の日の夜を盛り上げます。

それぞれの立場からぐんまの為に知恵を出し合い、ぐんまをネタに盛り上がりたい。
我々実行委員は、そんな方のご参加を心からお待ちしております。

当日お会いできますことを、心から楽しみにしています!

***************************************
■予定内容
Ⅰ ゲストトーク
「内からのぐんま、外からのぐんま ~情報発信・PRの視点から」(予定)
<ゲストスピーカー> (順不同)
○「前橋○○部」主宰 藤澤 陽さん、岡正己さん、岡田達郎さん [前橋市在住]
○「東京発 勝手に高崎応援マガジンIC10」発行 本多 樹さん [高崎市出身]
○「群馬のおきて」出版、「大群馬(グンマー)サミット」開催 北村 ヂンさん [前橋市出身]

Ⅲ ディスカッション
「ぐんまの魅力発信!実践アイデア会議 ~絹の国ぐんまの物語を世界へ」(予定)
<ゲストスピーカー>
○ 群馬県 ぐんまブランド推進室次長 土屋 真志さん

★イベント終了後、18時から同じ会場で簡単な懇親会を開催します。

2013年10月25日付の上毛新聞でご紹介いただきました。

そもそも群馬県民の日とは!?

群馬県民の日は「郷土の歴史を知り、郷土についての理解と関心を深め、自治の意識を高めるとともに、より豊かな郷土を築きあげることを期する日」として昭和60年に制定されました。(平成25年で29回目の県民の日を迎えます。)

10月28日が県民の日とされたのは、明治4年のこの日、廃藩置県によって設置された八県が統合され、初めて「群馬県」の名称が使用されたことにちなんでいます。

2013年10月27日(日)午後、いよいよ第2回群馬県民の日In Tokyoの開幕です。

総勢83名が集まった。

参加者、トークゲスト、実行委員、そしてぐんまちゃんなどなど、総勢83名の群馬ゆかりの人々が集まりました。

ぐんまちゃんも来場!

ぐんまちゃん、舞台裏でスタンバイ中!
開場からお客様をお出迎えしてもらいました。

誕生日  2月22日
年 齢  7歳
モチーフ ポニー
※平成24年12月21日から群馬県宣伝部長に就任しました。

群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」です。
ぐんまちゃんは、平成6年10月15日~16日に開催された、第3回全国知的障害者スポーツ大会「ゆうあいピック群馬大会」のマスコット「ゆうまちゃん」として生まれました。
その後は、平成8年11月に開催された、第9回全国スポーツ・レクリェーション祭「スポレク群馬'96」のマスコットとしても活躍、また、平成16年10月16日~19日に群馬県で開催された、高齢者を主役としたスポーツ、文化、福祉の全国的イベント、第17回全国健康福祉祭群馬大会「ねんりんピックぐんま」でも、マスコットとして活躍しました。
そして、平成20年7月、東京に「ぐんま総合情報センター(愛称:ぐんまちゃん家(ち))」がオープンしたことを契機に、県外の人にも群馬県のマスコットとしてわかりやすいよう、呼称を「ぐんまちゃん」とあらためました。
現在は、群馬県のマスコットとして、県のイメージアップにがんばっています。
【関連サイト】
ぐんまちゃんトピックス http://www.pref.gunma.jp/01/b0110211.html
公式Facebook https://www.facebook.com/gunmachan.official
公式ブログ http://plaza.rakuten.co.jp/machi10gunma/
ぐんまちゃんナビ!(群馬の魅力発信サイト)http://www.gunmachan-navi.pref.gunma.jp/

開始前に参加者とツーショットの記念撮影!

そして、オープニングの主催者あいさつへ

オープニング
①ガイダンス
②主催者あいさつ
③テーブル自己紹介

グンマ県民の記念日を、トーキョーで祝う日。

年に一度、首都圏全域から群馬ゆかりの皆さんが集合し、
県境を越えて、群馬のことをおおいに語りあう会!

都道府県魅力度ランキング、昨年の47位から堂々44位へ!

ネットでは「未開の地グンマー」として伝説に

群馬のプライドを守るため、
私たちが今、できることは何だろう?

10月28日群馬県民の日(の、前日)を東京で盛り上げよう!

1 2 3 4 5 6 7





日本財団CANPAN、NPOの情報発信支援、ツイッターセミナー講師、セミナー3.0、授産品・施設商品、発達障害団体支援。仕事は、日本財団でシステム系・Web系・CANPAN系、NPOセミナー系の担当。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう