1. まとめトップ
  2. レシピ

【マヨネーズマジック・裏技】マヨネーズは、魔法の調味料。マヨネーズを使って料理をグレードアップ。

マヨネーズを、油や味噌などの代わりに使ったり、隠し味で加えることで料理が一段とアップします。そんな裏技的なものをまとめ。

更新日: 2014年05月18日

libra555さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3578 お気に入り 315149 view
お気に入り追加

◆マヨネーズは、何でできている?

「卵に酢、油の入った
“マヨネーズ”は、
まさに“魔法の調味料”!
これ1本で、
料理がグ~ンとおいしくなりますよ」

マヨネーズは、油と酢という、本来は混ざらないものを、卵黄のレシチンという成分が混ぜ合わせるのです。

◆パラパラのチャーハンを作る

フライパンにマヨネーズを入れて火にかけ、溶け始めたら温かいご飯を入れて混ぜます。あとは具材を加えて、塩、こしょうで味を調えるだけ。あらかじめご飯とマヨネーズを混ぜておくと、もっと手軽にパラパラチャーハンが実現します。

マヨネーズを使うことで、一粒一粒がパラッとほぐれる上に、コクがアップして美味しくなるというメリットもあります。

◆ふわふわのだし巻き卵を作る

だし巻きたまごを作るときにマヨネーズを入れておく。味つけになる上、フライパンにも焦げつきにくく、ふっくらおいしくでき上がる

◆コクのあるスクランブルエッグ

いつものスクランブルエッグを、バターの代わりにマヨネーズを使って作ってみましょう。
フライパンを軽く温めて、マヨネーズを1、2センチほど入れます。
すぐに溶け出すので、溶いた卵を流し込みます。
軽く炒めて味付けはコショウだけで。
バターで作るよりも柔らかく、生クリームを入れたみたいにコクのある深い味わいになります。

◆低カロリーなグラタンソースを作る

マヨネーズのカロリーを低減させる方法として、牛乳を使う手もあります。
同じ量の牛乳で割り、パン粉でとろみを加える。
色々な食材にマッチするグラタンソースになります。

◆香ばしいグラタンを作る

耐熱皿に具(野菜、鶏肉、茹でたマカロニなど)をのせ、マヨネーズをかけて焼くとグラタン風。
香ばしい香りが食欲をそそります。

◆ふわふわなホットケーキを焼く

マヨネーズを入れると、ホットケーキがふっくら焼けるのです

分量は大さじ1くらいで良いらしいです

◆ジューシーなハンバーグを焼く

普通にハンバーグを焼くと焼いていくにつれて肉の旨味が
逃げてしまう。

マヨネーズは卵黄とお酢がしっかり混ざっているため
ひき肉に混ぜたときにひき肉の粒を包み込み
焼いていくとマヨネーズの中のお酢が肉をやわらかくして
卵黄が肉の旨味を逃がさないのでジューシーにできる。

◆サバの味噌煮ではなく、サバのマヨネーズ煮(?)でさっぱり味。

サバの味噌煮の味噌の代わりにマヨネーズを入れてみましょう。
魚の臭みが無くなるうえに、マヨネーズの酸味のおかげで、さっぱりとした味になります。
白ワインやビールのおつまみにも最高です。

◆ヘルシーな揚げ物を作る

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

libra555さん



  • 話題の動画をまとめよう