1. まとめトップ
  2. カラダ

若くて可愛い永作博美さんも常飲!甘酒豆乳の美と健康効果!

いつまでも綺麗で若々しい永作博美さんですが、食生活に気を使っておられるそうです。中でも甘酒と豆乳を混ぜたドリンクを毎日飲んでるのだとか。そんな甘酒豆乳のすごい効果とレシピをまとめました。

更新日: 2013年11月05日

2222 お気に入り 365195 view
お気に入り追加

第二児を出産後も活躍する永作博美さん

6月に第2子を出産したばかりの永作博美さん。
5ヶ月前に二人目を出産したばかりの43歳の現在でも相変わらずのこの可愛さ!透き通るような綺麗な肌やシワ1つない若々しさはすごいですね

永作さんが語った食生活

今の興味は腸。半年ほど前、脳と腸が非常に密接だと解説した本に出会ったことがきっかけに、酵素にも関心が。できるだけ生の野菜を食べ、さらにはオメガ3系の亜麻仁油もとるようになりました

永作さんは脳と腸の関係を知ってからは食生活に気を使うようになったそう。生野菜を基本として必要な栄養素をしっかり取っているようですね。

▼「腸」と美と健康

「本当に好きなものを食べて、しっかり出すことがいいんじゃないでしょうか」と語る

しっかりと食べてしっかりとデトックス。この基本ができてこそ腸を健康に保つことができるんですね。腸内環境とお肌は実はとっても親密な関係。

永作さんが実践しているのが「甘酒×豆乳」

甘酒と豆乳のダブル効果

甘酒は「飲む点滴」といわれていて栄養バランスに優れた発酵食品。豆乳には、女性ホルモンを安定させる働きがあり、健康や美容に効果を発揮します。
このふたつの食材を合わせたのが、甘酒豆乳です。

「豆乳」は女性ホルモンを安定させる効果があったり、肌荒れ効果にもとても有効。

「甘酒」は昔から飲む点滴と呼ばれるほど栄養満点。食物繊維も豊富なのが女性には嬉しい!

女性の悩みの強い味方!

便秘解消や肌荒れに効果があり、女性には嬉しい飲み物です。
ダイエット中の人にも、体調を崩さずに、バランスよくやせることができるのでおすすめです

ビックリしたのですが……、会社に出勤した途端に、2日ほど出ていなかったお通じがきたのです!おかげでぽっこり出ていたお腹まわりも少しスッキリ、そして気分もスッキリです!!

甘酒豆乳を飲み始めてからお腹の調子が整う人が多いそうです。便秘で悩む女性が多い世の中。食物繊維をしっかりとってお肌の改善もしておきたいですね

豆乳が苦手な人でも美味しく飲める!

甘酒か豆乳のどちらかが苦手な方でも、これならうまく緩和されてデザート感覚でおいしくいただけるのではないかと思います。

▲豆乳の味も甘酒のアルコールっぽさも両方苦手な人でも、二つを割ってみると味が中和されてとても飲みやすくなるのだそうです!

まぜるだけの簡単レシピ♪

アルコールを含まない米麹の麹甘酒を使って作ろう。夜遅い時刻の夕食が続いて便秘になっているときに、リセットとして夕食をこれだけにしてプチ断食を

甘酒には酒かすを原料とするものと米麹を使ったものがあるので米麴原料のものを。

材料はこれだけ
甘酒100ml
豆乳80ml
ショウガ5g

1. ショウガをすりおろす。
2. 鍋に甘酒、豆乳と1を入れ、沸騰しないように温める。

甘酒(砂糖不使用のもの)大さじ2
豆乳大さじ4
水大さじ4
しょうがすりおろし少々
シナモンパウダー少々

これを全てお鍋に入れて温めるだけ!沸騰させずにほんのり温めるほうが酵素を生かせるそうです♪

甘酒 大3
ココア(砂糖不使用) 小2
豆乳 100cc
塩 一つまみ
しょうがすりおろし・シナモン お好みで

甘酒にココアを加えよく混ぜたら豆乳も混ぜる。
しょうがを食わる場合はここでいれて、レンジ500Wで約1分半。お好みでシナモンをふって出来上がり

出典ameblo.jp

<材料(2~3人分)>
桃1個
甘酒80g
豆乳50cc
オレンジジュース大さじ2
自然塩ひとつまみ
水または氷…好みの量

1.桃の皮をむき、ざく切りにする。
2.材料全てをミキサーにかけよく撹拌する。

※桃の変わりにブルーベリーやメロン、シンプルにレモンの絞り汁でも美味しい

1





ゆずみーのさん

気になる情報『衣!食!住!』まとめ



  • 話題の動画をまとめよう