1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

世界の”10歳の少年”がスゴイことになってた

10歳の少年が世界を驚かせていた。少年から大人への一歩を踏み出すときなのか?

更新日: 2013年11月08日

soloponさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
636 お気に入り 535966 view
お気に入り追加

10歳で名門大学を特別受講!

もちろん、大学の特別コースの最年少受講者になる

スイスで数学の高校卒業試験をためし受験した10歳の少年が合格し、名門チューリヒ大学で特別コースを受講することになった

ヤニッシュ君は元数学教授の息子で、小学校で3年飛び級して今は中学生をしている

試しに試験を受けたら合格してしまい、高校卒業証書がなかった為、大学側の特別コースに入学した

出典kokai.jp

そんなヤニッシュ君の悩みは「アルキメデスについて話し合える人が誰もいないんだ」とのこと

兄妹そろって、10歳で超新星発見

ネイサン君10歳がカナダの天文台からの観察している時に超新星を発見

6億光年離れたところにある星だったため、ほとんで目で見えないレベル。今回のネイサン君の発見まで誰も気づかなかった

この最年少の記録を持っていたのはなんとお姉ちゃんで、ネイサン君よりたったの33日だけ年上だった

お姉ちゃんは2011年の当時10歳の時に超新星を発見している

マリオカートで運転を学び、おばあちゃんを無事救出

当時車は100キロ弱のスピードで走行していた…

車を運転していたおばあちゃんが気を失っていたところ、助手席に乗っていたグリフィン君はとっさにハンドルをつかんで道路脇に車を誘導した

どちらの車線にいても危ないと感じたグリフィン君は避難すべきだと、右車線へハンドルをきった。その歳10歳…!

とにかく交通が全くない場所に逃げようと試みた

事件後、グリフィン君は運転について『マリオカート』を何度もプレイして学んだと笑顔で語った

ゴーカートも得意だそう

10歳の少年がタテ型洗濯機をドラム式洗濯機に

10歳の少年が洗濯機をパーカッションにして素晴らしいビートを刻んでる

ボディやフタ、果ては洗濯槽までパーカッションにしてリズム感たっぷりのパフォーマンス

洗濯機の様々な場所を叩きまくって、立派に音楽に。洗濯機のフタが、まるで譜面台のようです(笑)

洗濯機を叩く10歳の少年に音楽の原点をあらためて教わるとは

これがホントのドラム式?

日本が誇る少年は10歳でバルサに入団

2020年を19歳で迎える久保君は、現在12歳

久保君はバルセロナから将来性を買われ、川崎Fの下部組織に所属した小学4年生の夏に10歳でスペインへと渡った

昨季はスペイン国内のリーグ戦で30試合74得点と驚異的な成績を挙げ得点王を獲得

メッシの1試合平均約1.5ゴールを上回る、平均約2.5ゴール!

2009年にバルセロナのキャンプでMVP。9歳でバルセロナスクールの選抜チームの一員としてベルギーの大会でMVPを受賞している

スペイン紙でも「得点感覚が鋭い日本のメッシ」と特集記事で紹介され、スペイン代表としての期待の声が良さられるほど

今年8月に日本で開催されたU-12の国際大会では、“凱旋弾”を決めバルサの優勝に貢献した

1 2





このまとめへのコメント5

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

soloponさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう