1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

エミネムの広告で注目!逆転の発想リバース・グラフィティとは?

人気の白人ラッパー、エミネム。その新作アルバムの街中での広告手法がすごいと話題に。エミネムの広告で注目される「リバース・グラフィティ」についてまとめました。これは逆転の発想!

更新日: 2013年11月13日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
511 お気に入り 125978 view
お気に入り追加

・人気ラッパーのエミネム

最も成功した白人ラッパーの一人として人気のエミネム

アメリカを代表するヒップホップアーティストであり、音楽プロデューサーとしても活躍するエミネム

・このエミネムの新作アルバムの街頭広告の手法がすごいと話題に

エミネムのニューアルバムのリリースにともない、スウェーデンで行われたプロモーション展開がファンのド肝を抜いている

エミネムの名前とアルバム名の形にくりぬいた板を街のいたるところに当てて、高圧洗浄機をかける

高圧洗浄機で文字だけをきれいに「印字」

スプレーするのではなく、"汚れを落として"作品タイトルを印字してしまおうというアイデア

エミネムの名前を壁や道を書いているように見えて、実は汚れを“消して”いるという発想のひねり

実際のプロモーション映像。街中できれいに文字が印字されているようすが分かります。

・この手法「リバースグラフィティ」とは?

出典i.gzn.jp

清掃しながらアート?

車の排気ガスなどで真っ黒になった壁の汚れを取り除いていくことでグラフィティを生み出す「リバースグラフィティ」という手法

街中の車の排気ガスなどで真っ黒になった壁などの汚れを落として描かれる、グラフィティ・アート

塗料の類は用いず、例えば排気ガスで汚れた街中の壁などの、描きたい部分のみの汚れを意図的に落とす行為

・いわゆる「グラフィティ」とは反対の意味を持つ「リバースグラフィティ」

バンクシーなどの壁にスプレーで描くグラフィティとは反対の意味で名付けられた

壁や電車に落書きをすることは「グラフィティ」と呼ばれ、キース・ヘリング、バンクシーといった世界的なアーティストが存在

通常は、スプレーなどを使い壁や電車に落書きをすることから器物破損など違法行為に問われることもあるグラフィティ

一般的なグラフィティの逆の行為を行うことから「リバース」の語が用いられている

高圧洗浄機で放水したり、型紙を貼るマスキングという手法が使われる。「反転落書き」という意味

・環境や平和へのメッセージが込められることも多い「リバースグラフィティ」

その手法から環境へのメッセージが込められることも多い

汚れを落とすことで生み出されるアートなので、環境に対するメッセージが込められることも少なくない

塗料等を使ったグラフィティ・アートとは違い、平和や環境問題に関したメッセージが描かれることが多い

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう