1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

首に電子タトゥー?モトローラが本領発揮しはじめた

2012年、グーグルが買収したモトローラ・モビリティ。巨額の買収で"グーグルらしくない"ともいわれましたが、そのモトローラが一歩先を行く技術でじわじわ追い上げています。グーグル先生はやはりお目が高い?

更新日: 2013年11月14日

まっすぃさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
654 お気に入り 356222 view
お気に入り追加

"らしくない"といわれたグーグルの買収

2012年、米インターネット検索最大手グーグルが、米携帯電話機大手モトローラ・モビリティを買収した

[モトローラ]は、携帯端末が有名な会社。けど赤字続きで低迷。そのため、業績を改善するために分社を行った。グーグルが買収した[モトローラ・モビリティ]は、分社で生まれた「携帯端末事業」と「ホーム事業(ケーブルTV用のセットトップボックス事業)」を引き継いだ会社である。

グーグルの買収の大半は、ネット上のサービス提供のために必要な技術を獲得するものであったため、モトローラの買収は毛色が違った

そのために"グーグルらしくない"と、首をかしげる見方も。

グーグルのモトローラ・モビリティの買収額は125億ドルという破格のお値段。そのため、グーグルの真の狙いにさまざまな憶測が飛び交っている…。

そんな中、モトローラがじわじわと本領を発揮しているようす。

首に電子タトゥーでイヤホンいらず?

電子タトゥーは、皮膚の上にプリントする電子回路のこと。弾性のあるポリエステル素材の中に電子回路が内蔵されており、伸びたり曲げたりすることもできる。
ワイヤレスで脳波や心拍、筋肉の活動などを監視することができ、医療分野はもちろん、ゲームなどへの応用も期待されている。

モトローラが、電子回路マイクを内蔵した電子タトゥーを首にプリントする、という音声入力方法の特許を出願中であることが判明した

出典juggly.cn

タトゥーの大きさは切手とばんそうこうの中間程度。首の皮膚に接着するほか、衣服のえりや首輪にも付けられるという。

電子タトゥーにICチップが内蔵され、首にプリントすることで、喉の振動から音声を拾い、スマホなどの端末に転送するという仕組み

無線通信によって、電子タトゥーを「グーグル・グラス」などと接続。イヤホンやヘッドセットを装着せずに音声での操作が可能になる

通話中の雑音などを排除して、クリアな音声通話が可能になるほか、音声入力を完全にハンドフリーで行うこともできる

皮膚反応の検知機能、つまり嘘発見器の機能を付けることも発案している

なんかすごいことになってる。。

レゴみたいに組み立てるスマホを構想

モトローラ・モビリティは、ユーザーが好みのモジュールを組み合わせてスマートフォンを作成できる「Project Ara」を発表した

今後、プロジェクトの具現化を進めるなかで、同様のコンセプトを掲げる「Phonebloks」と協力する方針

「Phonebloks」は、オランダ人デザイナー、デイブ・ハッケンズさんによる組み立てスマホ構想。

Phonebloksのコンセプトがわかる動画。

安価で高性能な新兵器が鍵をにぎる

モトローラは、スマートフォンで競合する企業に対する挑戦状として「Moto G」を発表した

Moto Gは、Googleに買収されて以降、2機種目の端末となる。

「Moto X」は、モトローラがグーグル傘下となって最初に開発したスマートフォン。カスタマイズ性に優れたスマホとして注目を浴びた。

Appleが外観や質感を厳格に管理しているのに対して、Motorolaはユーザーが色や材質をカスタマイズできるようにしている

あらゆる点で「iPhone」と対照的といわれる。

グーグルで"X"は、特に未来的なプロジェクトに使われるとされ、Moto Xには未来につながる重要なものが隠されている、との憶測も

1 2





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

まっすぃさん

仕事の悩み、使えそうなものをまとめます。



  • 話題の動画をまとめよう