1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

SFの世界がいよいよ現実になってきた

攻殻機動隊でしか見たことないような技術が現実になってきそう。みんな笑顔で楽しそうですね

更新日: 2013年11月24日

ヴィツーさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1684 お気に入り 666322 view
お気に入り追加

wktk!光学迷彩が現実に

にわかには信じられない迷彩っぷり

影も落としてない…

対象物を目に見えないようにするだけではなく、赤外線スコープやサーマルビジョンでも見えなくし、影もなくす

不時着したパイロットのパラシュートに光学迷彩を施しておいて、敵が捜索にきたらその下に潜って隠れるといったことが考えられる

犬が匂いにでも気付かないと見つからない

こんな大きな秘密を公にした理由は「米軍の注意を引くため」

国家機関から注意をひくためだとか。すでに米軍とカナダ軍から問い合わせがきている…

出典wired.jp

10年ほど前から存在したが、ようやく製品化に近づき始めている

車をバックさせると後部座席が透明になる

“光学迷彩”のような技術を使うことで、まるで後部座席全体が透明になったかのようになる

後方の背景を動画撮影し、その映像を後部座席に投影することで透明に見せている

ドライバーの死角を大幅に減らすことで、運転時の安全性や安心感を向上させる

光学迷彩の雰囲気を醸し出しつつ写真や動画をとることができる

Production I.Gはから配信されている『光学迷彩カメラ – 攻殻機動隊 S.A.C. SSS 3D -』では、”光学迷彩”風の写真・動画が撮影できる

オプションから背景を劇中にすることも可能で、輪郭の動きにあわせて背景が歪み透明になったような演出がなされる

動画でも割りとスムーズな光学迷彩

みんなを笑顔にしてくれる義手が増えている

ちょっとカッコイイくらい

この義手の型は、3Dファイルとして公開もされている

子どもたちは成長するが、3Dプリンタならマウスをクリックするだけで成長に合わせた新しい義手を作ることができる

数十万円にもおよぶ義手と比べると、シンプルがゆえに格段にコストが少なくて済む

壊れた時も修理を自宅で行うことができる

3Dプリンタで作られた義手を装着して3日目の様子。こんなに自由!

出典wired.jp

いかに失われた触覚を回復させるかが大きな課題だったが、ついに実験で成功した

シカゴ大学の研究者チームが、サルにロボットの指を取り付けて、触覚をもたせることに成功

人間の義手にも応用される日も近い

近い将来には、手足を切断された人や手足が麻痺した人の脳に、感覚システムを埋め込めるかもしれない

13年ぶりに自分の思うがままに『手』を動かすことができたジャン・シャーマンさん

1 2 3





このまとめへのコメント7

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

ヴィツーさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう