1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

北海道の味覚を味わおう!東京のジンギスカン専門店10選

北海道といえば、きれいな景色!?海の幸!?それも良いけど、やっぱりジンギスカン!牛肉より身体に良い羊肉を東京で喰らう。東京のジンギスカン専門店をまとめました。

更新日: 2013年12月25日

martokyoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
970 お気に入り 449703 view
お気に入り追加

まえだや(中目黒)

出典ameblo.jp

TEL:03-3716-8322
住所:東京都目黒区中目黒1-5-8
営業時間:[月~金] 18:00~24:00 [土] 18:00~23:30
定休日:日曜・祝日・第3月曜

そして内装もすご~くシンプルで壁には何もはっていません!「ジンギスカン命」のなんか怖そうな女オーナーさん2人もすごかった!客に媚びをせずたんたんとメニューの説明をして笑顔一つ見せず。。あ~!この人はこのお店に誇りを持っているのだなああとおもいました。

同じ種類の肉と野菜との単純な繰り返しなのに、最後まで飽きることなく箸がすすむのは、新鮮な羊肉本来の持つアッサリとした美味しさであることを強調しておきたい。その肉をきちんと仕入れ、いい状態で提供する「まえだや」の安定した供給力も賞賛。

神居古潭(中野)

TEL:03-3385-0371
住所:東京都中野区中野5-55-9 1F・2F
営業時間:[月~土] 18:00~23:00 [日・祝] 18:00~22:00
定休日:水曜日

中野の「神居古潭」に連れて行っていただいたのですが、あそこのオヤジ、頑固者とか態度悪いとかいろいろ言われているようですが、私は決して嫌いじゃありません。
むしろ好きかも。結構楽しく話せましたよ。
もやしのヒゲを一本一本丁寧に取りつづけるだけでも大したものだと思います。

肉がなくなり次第店じまいする絶品のジンギスカン店。
中村勘三郎さんも訪れたことがある。
北海道から仕入れている浦河産の分厚いラム肉は、クセが無くジューシーで柔らかい。
こだわりの岩塩を付けて食べる。

ゆきだるま(渋谷)

出典ameblo.jp

TEL:03-3464-4521
住所:東京都渋谷区宇田川町38-1 エランビタールフクシマビル 1F
営業時間:17:30~23:30(L.O.23:00)
定休日:無休

北海道民熱愛の食材はもちろんのこと、自分の出身地である
留萌の隣町、増毛で作っている日本酒なんかも置いてるので美味しいだけじゃない愛着のあるお店。

無農薬の肥料で育成されたアイスランドシープの原種の肉を使用しているとの事。
そのラム肉は、臭みが全く無く、厚みがあるのに柔らかく、ジューシーでとても食べやすい

えびすジンギスカン 海月(恵比寿)

炭の入った七輪の上に穴の開いたジンギスカン鍋を置いて焼きます
肉汁が隙間から炭に落ちて香ばしい匂いがまたいいです
最高級ランクの生ラムを使用していて生でも食べれる肉だそうです

モックモクになるということで、大きいビニールバッグを貸してくれるので、そこにバッグとかを入れて煙対策w
うちらはアウターまで入れたんだけど、ほんと「入れといてよかった・・・」ってあとでなりましたw

成吉思汗 ふじや(中目黒)

店は写真の通り、オシャレな感じの店。ジンギスカン屋には見えない。
 店内も、テーブル中心にコンロのあるテーブルが並ぶ。木造で、それなりに内装も凝っていて、店外観と同様オシャレ。

しかし いつ来ても美味しいなぁ、ここの羊。aries
臭みを感じたことが無いので、苦手な人でも大丈夫じゃないかなぁ・・・
ラム刺しは、ほんとおすすめ!

寅々(三軒茶屋)

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

気になること、日常生活でお役に立ちそうなことを、どんどんまとめていきますので、よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう