出典 blog.livedoor.jp

タスキーギ梅毒実験は、アメリカ合衆国の公衆衛生局がアラバマ州のタスキーギで重度の梅毒にかかった黒人患者約400人を治療せず放置し、 梅毒の自然経過や合併症等のデータを採取するために行いました。
この実験では28人が梅毒で志望し、約100人が梅毒による合併症で亡くなりました。

1997年にはタスキーギ梅毒実験に対する公式な謝罪をクリントン大統領が行いました。

この情報が含まれているまとめはこちら

【本当にあった】人体実験・生体実験の種類一覧【怖すぎ】

人体実験・生体実験とは、生きている人間に対して行われる実験で、主に医療・医学・薬品の発展のために行われています。しかし、戦時中などは倫理的・社会的に問題のある人体実験が行われていた事もあるそうで。。

このまとめを見る