1. まとめトップ
  2. 雑学

NMB山本彩も疑問…関西人が何でも「さん付け」する理由は?

「神さん」、「お揚げさん」から「ゴキブリさん」まで…関西人が「さん付け」を多用するのは何故なのか?

更新日: 2013年11月21日

178 お気に入り 256017 view
お気に入り追加

・山本彩がメンバーの「さん付け」に突っ込み

大阪・難波を拠点とするNMB48の山本彩が、メンバーが使う“さん”付けに呆れている。

白間美瑠がGoogle+で「髪の毛さん」と“さん”付けしたことに、「髪の毛さんってなんやねん」と突っ込んだ。

▼髪の毛や水にも「さん付け」をするメンバー

今日は、髪の毛さんを
まきまきしてましたが、、、、

お水さんいっぱい飲んでる(OvO)
お腹がタポタポだぁぁぁ!!!!

・なんでも「さん付け」をすることが多い関西の文化

Photo by Jupiterimages / Photos.com

「えべっさん」「おひがしさん」「すみよっさん」のような神仏社寺名などにも盛んに「さん付け」が行われる。

神社仏閣もさん付け

「おはようさん」「おめでとうさんです」などの慣用表現

挨拶もさん付け

「おいなりさん」「おあげさん」「おまめさん」など

食べ物もさん付け

京都方面では「ゴキブリさん」と呼ばれているのだとか。

ゴキブリまでさん付け

・「さん付け」をする理由は?

『御所ことば』を基に上方の女性らが新しい丁寧語を創ったのが始まり、との説が有力

「武士が町人を支配した関東と、対等な町人同士の文化が発達した関西の気質の違いかも」と山下教授

武家社会のように、家格で人の値打ちが決まるのではなく、経済社会においては、みんな平等の人間であるというのが、大阪人の合理主義。

目上の人に対しても、「さま」では仰々しいし、かといって礼を失してはいかんということで「さん」づけ文化になったと言われています。

Photo by Medioimages/Photodisc / Photodisc

人にすすめる時に、押しつけがましくならないように“ちゃん”や“さん”を付けるようになったという説もある

・あの「あめちゃん」もさん付けの流れだという

Photo by Photos.com / AbleStock.com

より身近な物であることから「飴」だけが「ちゃん」付けされ、「飴ちゃん」と呼ばれるようになったのではないかと思われる。

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

気になるニュースをまとめていきます

twitterでもニュースをつぶやいています
http://goo.gl/HnbIq



  • 話題の動画をまとめよう