1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

大人の実験?「モラキュラー料理」が楽しそう

子供心が沸き立つといいますか、むしろ大人の階段一段上がっちゃったみたいな。「モラキュラー・キュイジーヌ」が思った以上に楽しそうなのでいろいろまとめてみます

更新日: 2013年11月25日

そあらさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1983 お気に入り 327990 view
お気に入り追加

理科の実験…?

なにが行われているんでしょう…

何かの発明・・・?

大丈夫なんですかね??

怪しげな実験からできたものは不思議な料理だった

こんもり盛られた謎の泡

恐竜の卵みたいな殻に包まれた料理や

なにかの芽のようなものなど、不思議な見た目の料理だらけ

スポイトの中身を混ぜると色が変わる、シソの食前酒

例えば卵の黄身と白身を特定の温度で瞬時に固める研究や、フォアグラを泡にすることで新しい食感を作ったり、トマトピューレをアルギン酸ナトリウムで固めてトマトを再定義するなど

"世界一予約のとれないレストラン"として知られたスペインのレストラン。
(現在営業は休止中で、2014年に再開予定です)

まるで実験室…手品のような世界

冒頭の注射器たくさんの装置は、”人工イクラ”を作る要領で、いっぺんに人参やグリンピースなどの味のつぶを作るためのものでした。

注射器に「果汁」と「アルギン酸ナトリウム」を入れ、下に張った「塩化カルシウム溶液」に向かって押し出す仕組み

アルギン酸ナトリウムは、簡単にいうと「海藻エキス」で、塩化カルシウム溶液というのは、豆腐用の凝固剤に使われるものです。
落ちた雫は溶液に入った瞬間に丸く固まります。

シトラスを入れると、固まりにくい酸味の多いものを固まりやすくしてくれる作用がある

シトラス=クエン酸ナトリウム
フランボワーズやマンゴーなどを加工するときは入れましょう。

こんな風に固まります。
材料を手に入れれば、自分でも作れます。
注射器でなくともディスペンサーなどでも大丈夫のようです

大き目のものも、こんな感じで作れます。

なんとこれ、お味噌汁とお豆腐(粒)。
前に出した鯛茶漬けも同じ原理で出来てます。

注射器があれば、こんな感じに一味足せちゃったりも。

バジルの種は水を含むと寒天状になり、約30倍にも膨張し、半透明の種子になるという性質を持っている

デンプン膜はつるつるプリプリしているのですが、中に入っている種にはプチプチとした食感があります。

京都水族館がカエル展で出したことでも話題になりましたね。
エスニックデザートに良く出てきます。
スイートバジルの種+水分で簡単に作れます。

オリーブオイルの泡をつけて食べるポテトチップス(透明)

どうやらジャガイモエキススープを抽出して片栗粉でゲル状にすることで再現できるみたいです。

↓作り方
http://youpouch.com/2012/06/26/70077/

1 2





そあらさん

朝に散歩するのが日課です(*´v`)♪好きなものを好きなように!よろしくです

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう