1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

年末になぜ増える?犯罪に遭わない手段とポイント

年末年始、空き巣などの様々なトラブルが発生しがち。対策と忘れがちなポイントをまとめました。

更新日: 2013年11月22日

wampoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
108 お気に入り 73041 view
お気に入り追加

物騒な世の中

Photo by Medioimages/Photodisc / Photodisc

空き巣、強盗、ストーカー。
放火に暴力行為など…
恐ろしい犯罪。

これから増加傾向があるこれらの
脅威、どうやって自衛すれば
いいんでしょう。

増加例と理由をさぐり、
防衛手段をまとめました。

おこりやすくなる犯罪例

居直られて強盗被害に遭ったり、命まで盗られてしまう恐れも

放火は年末よりも春先に件数のピークを迎える傾向がありますが、空気が乾燥している冬も注意が必要

Photo by Hemera Technologies / AbleStock.com

万が一、帰宅したときに
家に人の気配を感じたら、
その場を離れて警察へ。

まさかの事態は避けられます。
安全第一に行動します。

なぜ年末は犯罪者が増える?

正月や年末の準備で犯罪者がお金を必要としてる

ボーナスが入ったりしてお金に余裕が出来、
さらに海外などに長期旅行にいく家族が多い

Photo by Adrian Samson / Digital Vision

年末の慌ただしい雰囲気に飲まれ
精神的に不安定になる人も。

しかし、犯罪者が増加するよりは
我々個人個人のスキが大きくなる方が
問題のようです。

しっかりとした防犯対策が
必須といえます。

防犯のポイント

長期間留守にするなら、郵便局へ不在届を出しましょう

留守のサインになる郵便物。期間中ためておいてもらえます。

2つの鍵を両方取り付けることが理想的

二重のセキュリティは破られにくい。

窓ガラスに防犯フィルムを付ける

侵入の手口、トップは「無施錠」で2位が「窓破り」。窓は危険ゾーン。

Photo by Andrew Hetherington / Photodisc

その他新聞なども
ストップをかけておけます。

短時間の外出なら
●あえてTVをつけておく、
●電気をつけておくのも手。

人がいるというアピールになります。

盲点

コンビニは意外と監視カメラが少ない!?

カメラがあるからと安心するのは早い。
外でトラブル時、監視カメラがダミーだったり、データを保存していないこともあります。

ゴミ箱・ゴミ袋、雑誌・段ボール箱などは建物内に入れておく

外出時に気をつけること。これで放火をふせぎます。また、個人情報も漏れづらくなります。

はしご、ブロックなど足場になりそうなものを建物周辺に置かない

Photo by Ryan McVay / Digital Vision

思わぬルートから侵入されることも?!

家の中だけではなく周囲をよく
見て見ることも重要です。

被害に遭わない心得

歩きながら携帯電話を操作したり、音楽を
聴いたりせず、“きりっ”とした姿勢で歩く。

Photo by Brand X Pictures / Stockbyte

怖いから、夜道を
イヤフォン大音量で
きくなんてもってのほか!

不審者に気づくのが遅れる上、
歩き事故にもつながりかねません。

宅近くに来ると、安心感から気が緩みがちになりますので注意

Photo by Comstock / Stockbyte

最後まで気は抜けない!
家の中に潜んでいたケースも。

なるべく夜更けに1人になってしまう
シチュエーションは避けて。

普段のなれた道、危険度は
変わらない事を意識しましょう!

知らない人を見かけたら「こんにちは。
どちらへおいでですか?」など声をかける

Photo by Creatas Images / Creatas

転ばぬ先の杖。
普段から高い意識を持って。

忙しい年末。
他の事に忙殺されがちですが
一度みなおしてみては?

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

珍獣・びっくりおもしろいこと、気になるカラダのこと、まるっとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう