1. まとめトップ

ネタバレ
序盤は 王道魔法少女

まどか、さやか、杏子が普通に見滝原中学校に登校する展開
(杏子が中学校に通っているのがまずおかしい)
この時点で3人は既に魔法少女。
ほむらが転校してくる。髪は三つ編み。
3人とマミさん、ほむらは魔法少女として「ナイトメア」を討伐する生活を続けるが、
ほむらがある「違和感」に気づく。

ほむらは杏子を呼び出して、幾つか質問をする。ここに来る前はどこに住んでいたの、いつ転校してきたの、等。
杏子は回答に窮することもあるが、ごまかす。
ほむらと杏子は杏子が前住んでいた町を訪問することにするが、
バスで行こうとしてもどうしても行けず、徒歩でもたどり着けない。

ほむらはこの世界の「おかしい点」を幾つか明らかにし、
この世界は魔女の創りだした結界であると結論づけ、その「魔女」が誰なのか考える。

答えはほむら自身であった。
現実世界(TV版最終話で再構築された世界)のほむらは、
ソウルジェムをインキュベーターの作った「干渉遮断装置」に入れられ、「円環の理」(まどかの影響)を遮られることで
無理矢理にソウルジェムを濁らさせられていたのであった。
これは、「円環の理」の観測、干渉、そして支配を目論むインキュベーターの企みであった。

インキュベーターはほむらが救いを求めればそれに「円環の理」が応答し救いが得られるとほむらを唆す。
(これにより、インキュベーターは「円環の理」を観測し、干渉し、支配できるとされる)
ほむらは拒み、自らの結界に閉じこもろうとする。

しかし、結界の中のさやかとお菓子の魔女の働きにより、「干渉遮断装置」が破られ、
空から降りてきたアルティメットまどかがほむらを連れて行こうとするが、
このときほむらはまどかを捕まえて「悪魔化」する

ほむらがまどかに会いたくて一緒にいたいから
それを叶えるためにまどかの力少しうばって
同等かそれ以上の存在なって
自分の望む世界を作った

これがほむらの「悪魔化」

ちなみに悪魔化のほむほむの恰好はクソエ口いwwww半裸wwwww

これで、円環の理の一部が崩壊
まどか、ほむらたち5人はまた、悪魔のほむらによって作られた日常を送る

脚本家虚淵玄はほむらを悪魔にする気はなかった?

ほむら悪魔化が とってつけたような完全なる蛇足であることは誰もが認めることだが それを提案したのは虚淵ではなく新房である

虚淵 「当時はまどかにほむらが連れられて行くという結末だったんです。 しかしなかなかOKが出なかった。 新房さんがポロっと"いっそまどかとほむらが対立関係になってしまうのもありかもね"とおっしゃったんです。 そのひと言が突破口になりましたね。」

まどか☆マギカが狂ったのは・・

新キャラは?

今回の新作で初めて登場した「べべ」。
彼女も魔法少女なのか?

映画序盤ではマミさんのペット(?)として登場する。

テレビアニメ版でマミさんをマミった魔女であるが、映画版では仲が良いという設定に。

べべの正体はなんと、円環の理となったまどかに救われた、かつての魔法少女であった。

テレビアニメ版最終回にて魔女になる前にまどかに救われた魔法少女だったんですね。

さやかとべべはほむらの精神世界内で日常を演じ、裏でキューベーの企みから守ろうとしていたのです。そして、さやかとべべをその世界に遣わせたのが円環の理まどかでした。

QBの超長いセリフとは?(ほむらに対して種明かしをするシーン)

真実なんて知りたくもない筈なのに、それでも追い求めずにはいられないなんて、つくづく人間の好奇心というものは理不尽だね。

まあ君ならいずれはきっと、答えにたどり着くだろうとは思っていたよ、暁美ほむら。僕達の作り出した干渉遮断フィールドは君のソウルジェムを包んでる、既に限界まで濁りきっていたソウルジェムを、外からの影響力が一切及ばない環境に閉じ込めたとき何が起こるのか?

魔法少女を浄化し、消滅させる力、君達が円環の理と呼んでいる現象から隔離されたとき、ソウルジェムはどうなるのか?確かに興味深い結果を観察させてもらったよ。独自の法則に支配された閉鎖空間の形成と、外部の犠牲者の誘導、捕獲。

これこそまさしく、いつか君が説明してくれた魔女とやらの能力そのものだよね。遮断フィールドに保護されたソウルジェムがまだ砕けていない以上、君は完全な形で魔女に変化できたわけでもない。卵を割ることができなかった雛が殻の中で成長してしまったようなものだね。だから君は、自らの内側に結界を作り出すことになった。まさか町一つを丸ごと模倣して再現できるとは、驚きだ。

まだまだ続くQBの長台詞

ここはね、君のソウルジェムの中にある世界なんだよ。フィールドの遮断力はあくまで一方通行だ。外からの干渉は弾くけれど、内側からの誘導で、犠牲者を連れ込むことはできる。魔女としての君が、無意識のうちに求めた標的だけが、この世界に入り込めるんだ。ここまで条件を限定した上で、尚も円環の理なる存在が、あくまで暁美ほむらに接触しようとするならば、その時は君の結界に招き入れられた犠牲者という形でこの世界に具現化するしかない。

そうなれば、僕達インキュベーターはこれまで謎だった魔法少女消滅の原因をようやく特定し、観測することができる。実際、君が作った結界には現実世界には既に存在しないキャラクターが奇妙な形で参加している。とりわけ興味深いのは、過去の記憶にも未来の可能性にも存在しない一人の少女だ。この宇宙と一切の因果関系がない存在なのに、彼女は何の違和感もなく君の世界に紛れ込んできた。

まあ、そもそも最初から探す必要さえなかったんだ。手間を省いてくれたのは、君自身なんだよ、暁美ほむら。君は以前から、円環の理のことを鹿目まどかという名前で呼んでいたからね。唯一厄介だったのは、鹿目まどかは未知の力を発揮する素振りを全くみせなかったことだ。結界の主である君の記憶操作はまどかに対しても作用してしまったみたいだね。彼女は君を救済するという目的だけでなく自分自身の力と正体さえ見失っていたようだ。

これでは手の出しようがない。鹿目まどかは神であることを忘れ、暁美ほむらは魔女であることを忘れ、おかげで僕らはこんな無意味な堂々巡りに付き合わされることになった。まあ、気長に待つつもりでいたけれど、君が真相にたどり着いたことで、ようやく均衡も崩れるだろう。さあ暁美ほむら、まどかに助けを求めるといい。それで彼女は思い出す、自分が何者なのか、何のためにここに来たのか。最終的な目的については否定しないよ。まあ道のりは困難だろう。この現象は僕達にとって全くの謎だった。

存在すら確認できないものは、手の出しようがないからね。観測さえできれば干渉できる。干渉できるなら、制御もできる。

いずれ僕達の研究は円環の理を完全に克服するだろう。そうなれば、魔法少女は魔女となり、更なるエネルギーの回収が期待できるようになる。希望と絶望の相転移、その感情から変換されるエネルギーの総量は、予想以上のものだったよ。

やっぱり魔法少女は無限の可能性を秘めている。君たちは魔女へと変化することで、その存在を全うするべきだ。暁美ほむらの存在は完結した。君は過酷だった運命の果てに、待ち望んでいた存在との再会の約束を果たす。これは幸福なことなんだろう?

そんな…自ら呪いを募らせるなんて、何を考えているんだ?浄化が間に合わなくなるよ!バカな!この遮断フィールドの内側で死ぬことが何を意味するのか、分かっているのかい?殻を破ることすら拒んで卵の中で魔女として完成してしまったら、君は円環の理に感知されることすらなく 破滅する!もう誰も君の魂を絶望から救えない。君は再び鹿目まどかと巡り会うチャンスを永久に失うんだよ!

ここまですべてがワンシーンの台詞

長すぎるwww声優の加藤英美里さんも大変だっただろうね。

続編はあるのか?

暁美ほむら役の斎藤は、「我が『まどマギ』人生に一片の悔いなし! といいたいところですが、少し悔いが残ります。これだけ皆さんが応援してくれるのに、もしこれが最後だとしたら、と思うと……。でも、これは完結編ではなく[新編]なので、ここからまた何かが始まるといいなと思います」と、続編を予感させるようなコメントを残した。

「クライマックス」とうたっていますが、本当に今後は何もないのでしょうか?

 現状は白紙なんです。個人的にはチャンスがあればと思います。(アニプレックスプロデューサー)

虚淵玄が別のライターを入れて二期を企画している?

二期の脚本家候補に西尾維新が挙げられているという噂も・・・!
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13115275953

映画興行収入も10億円突破するという偉業を達成させましたし、続編を作ったらまた儲かることは保証されているようなものです。

虚淵さんもやる気みたいですから、2期が放送される可能性は大とみていいでしょう!

1




moon-moonさん

このまとめに参加する


NAVER リンク