1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

中国が尖閣上空に設定した「防空識別圏」とは?

日本政府は中国が東シナ海に沖縄県の尖閣諸島上空を含む防空識別圏を設定したことを受け、警戒・監視を強めています。今回、中国が設定した「防空識別圏」とは?

更新日: 2013年11月24日

1 お気に入り 7570 view
お気に入り追加

中国、尖閣上空に「防空識別圏」を設定

日本政府は中国が東シナ海に沖縄県の尖閣諸島上空を含む防空識別圏を設定したことを受け、警戒・監視を強める。

外務省の伊原純一アジア大洋州局長は、中国の韓志強駐日公使に「尖閣諸島をめぐる状況を一方的にエスカレートさせ、不測の事態を招きかねない。全く受け入れられない」と電話で抗議した。

国防省の楊宇軍報道官は23日、「中国の主権と領空の安全を守り、空の飛行秩序を守るため設定した」とのコメントを発表。

「防空識別圏」とは?

国などの防空上の理由から設定された空域のことである。

防空識別圏内を飛行する際は、飛行計画を航空管制機関に提出することが義務づけられており、防空識別圏内で飛行する場合は常時レーダーサイトに監視されており、121.5MHzまたは243MHzの航空無線に応答できるよう取り決められている。

日本の場合、事前通報なしに入ってきた不審な航空機には航空自衛隊機が緊急発進(スクランブル)するなどし、航空機の国籍や飛行位置などを確認する。

様々な懸念

Photo by Stockbyte / Stockbyte

防衛省は「従来通り対応する」(幹部)という立場で臨むが、尖閣などで中国機と遭遇する回数が増える懸念もある。

オバマ政権は中国に対する協調主義的な「関与」を強めており、「抑止」の相対的な低下が懸念される。

1






  • 2014年をまとめてみた