1. まとめトップ

実は韓国を愛しまくっている安倍総理―韓国大好きエピソード集

韓国から嫌われまくり、韓国嫌いから愛されている安倍晋三総理大臣。しかし本人の発言や活動、バックグラウンドを調べた時に見えてくるのは…。

更新日: 2015年12月28日

rambaralさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 40582 view
お気に入り追加

韓国と兄弟のような関係になりたいと発言

「最終的には兄弟や姉妹の関係のように築きあげることができることを望む」

朴槿恵大統領に安倍総理が2006年に送った親書の中での言葉。

日本は韓国から文化を吸収して発展した

「日本は長いあいだ、韓国から文化を吸収してきた歴史をもつ。その意味では、韓流ブームはけっして一時的な現象ではない」

出典安倍晋三「美しい国へ」

著書「美しい国へ」の中での言葉。

あらゆる場所で韓国は「最も重要な隣国」と発言

初めて総理大臣になった2006年から現在に至るまで、繰り返し「価値観を共有する最も重要な隣国」と発言している。

「わたしは日韓関係については楽観主義である。韓国と日本は、自由と民主主義、基本的人権と法の支配という価値を共有しているからだ」

出典安倍晋三「美しい国へ」

著書「美しい国へ」の中での言葉。

日韓関係深化のために以前から活躍

副官房長官時代には羽田−金浦空港間シャトル便開設や日本を訪問する韓国人のノービザ実施など、両国の友好関係に尽力。

選挙事務所は親の代から仲良しの在日パチンコ富豪のビル

安倍晋三・自民党新総裁の地元にある下関事務所ビルは、吉本社長の妻が経営する会社の所有だ。

吉本社長と安倍新総裁の関係は、安部氏の父・安倍晋太郎(1991年死去)元外相時代にさかのぼる。晋太郎氏の福岡事務所も、七洋物産本社ビルにあった。「安倍吉本」関係は、1980年代末に癒着批判が出るほど緊密だった。

吉本社長というのは「元在日韓国人の富豪」で、「パチンコ事業を展開する七洋物産の吉本章治社長(81)だ。今は日本に帰化しているが、2002年12月に韓国政府から国民勲章槿(むくげ)賞を授与された」という。

自分を「朝鮮人」と言っていたラブコリアな安倍父

(安倍元外相)自らも「私は朝鮮(人)だ。朝鮮」と言っていた。

自分で朝鮮人と言っていた安倍父だが、支援者のパチンコ富豪である吉本章治社長(元韓国人)からは「在日韓国人に似ていた。目つきが同じだった」と言われている。

(安倍)晋太郎氏は日本政界きっての親韓派だった。中曽根政権時代に4年間外相を務め、韓国政界と太いパイプを持っていた。

地元には韓国の通貨で買い物出来るコリアンタウンが

安倍王国である衆院山口4区にある「リトル釜山」とも呼ばれるグリーン・モール。

在日コリアンの経営する店が多く軒を連ねるこの商店街では、1000ウォン、5000ウォン、10000ウォンの紙幣が使える。

グリーンモールの「リトル釜山フェスタ」で挨拶する安倍総理。

在日韓国商工会議所の晩餐会で・・・

在日韓国商工会議所は安倍晋三元日本国総理大臣を招き晩餐会を開催した。当日は本会議所より崔鐘太会長、兪在根常任顧問、鄭幸男顧問、張勲顧問、朴忠弘副会長、黄永珠副会長、丁廣鎮副会長、柳和明常任理事、安健一常任理事、金守幸理事の10名が参加した。

2009年

晩餐会では、世界的金融危機克服に向けた韓日政府・民間レベルの協力の重要性、また躍動するアジア地域でのより成熟した両国のパートナー関係の構築、さらに永住外国人の地方参政権獲得へ向けた支援要請や遊技機器の規制緩和要請など、経済問題のみならず幅広い分野で意見が交換された。

日韓の経済はウィンウィンの関係

日韓の経済はウィンウィンの関係を築くことができた。

経済や文化など国民レベルのさまざまな交流を通して、さらに緊密な日韓関係にしていくことを期待したい。

韓国料理好き

1 2





rambaralさん



  • 話題の動画をまとめよう