1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

大切なコミュニケーションの場。夫婦で一緒に食事をしてる?

夫婦で一緒に食事をしていますか?できることなら一緒に食事をしたいけど、仕事や子育てに追われ、なかなかゆっくり出来ない家庭も多いと思います。でも、食事は大切なコミュニケーションの場。お茶やお酒でも良いので、1日1回は夫婦の時間を作りませんか?^^

更新日: 2013年12月02日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
269 お気に入り 56888 view
お気に入り追加

夫婦揃って食事をするのは、意外と難しい・・・。

できることなら夫婦揃って食事をしたいけど、お互いに仕事をしていたり小さな子供がいたりすると、理想通りにはいかないもの。

当たり前のようでいてなかなか難しい“平日の晩ごはん”

結婚後も働く女性が多く、夕飯作りがストレスになることも・・・。

毎日の食事は、健康を考えて、妥協しないできちんと作りたいと考える奥様は多いと思います。
でも、実際問題、仕事後の買い物や、夕飯作りって大変ですよね。

忙しく働いて帰宅したあとに待ちかまえている「夕ごはんの支度」毎日休みなく押し寄せる食事の準備がストレスになることも。

買い物に行く時間がなかったり、仕事で近所のスーパーの閉店時間に間に合わなかったり、ギリギリ間に合ったとしても、閉店間際に行ったがために目的の食材が買えないといった事も、ありがち

でも、食事は大切なコミュニケーションの場。

朝はバタバタしているのでゆっくり会話をすることが出来ないかも知れませんが、夕飯は大切な夫婦団らんの時間。

楽しい会話をしながら食卓を囲むことで、夫婦仲はますます円満になります。

理想は、1日1回夫婦で食事をすること。

食事は1人より2人の方がおいしく感じますよね。
仕事をしていたり、子供がいたりすると、なかなか時間を合わせるのも難しいですが、朝食が無理なら夕飯、夕飯が無理なら朝食と言うように、1日1回だけでも、一緒に食事を摂る時間を持ちましょう。

理想的には1日に1回は夫婦が一緒に食事ができること。

朝食・夕食、せめてどちらかは、なるべく一緒にとり、会話をする時間を作るようにしましょう。

仕事上の付き合いや残業などで彼の帰宅時間が遅いという夫婦は、なるべく朝食を一緒に取るようにして

出勤、帰宅時間がバラバラな時は、せめてお茶だけでも!

それでもなかなか時間を合わせるのが難しい場合や、夫の帰りが遅くて、待っていれば夕飯の時間が遅くなり、健康や美容の面でも良くないですよね。
そんな時は、お茶やコーヒーを一緒に飲みましょう。

お茶やコーヒー、お酒を一緒に飲む機会でもいいです。

朝ほんの10分でも顔を合わせて会話をする、コーヒーを飲む、などの時間を作りましょう。

食事自体の時間はバラバラでも、どちらかが食事をしているときには、一緒に食卓について会話を楽しんで

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう