1. まとめトップ
  2. カラダ

意外と知らない!バナナに隠された健康効果

健康的にバナナをmgmg。何が・・・健康的?バナナは繊維を多く含み消化や疲れに良いのは知っていますが、実際どうのような効果があるのかわからない。そのバナナの利点についてまとめました。

更新日: 2013年11月27日

sun3355さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
633 お気に入り 387504 view
お気に入り追加

バナナの中の糖質は、ブドウ糖・果糖・ショ糖・でんぷんなど多様なため、 エネルギーが長時間持続する。

バナナには血糖値を上げる成分と、血糖値を下げる成分が混在してます。

そこで「実際のところ、血糖値にはどうなの?」という声をよく聞く訳ですが、結論から言うと、糖尿病の方にはバナナはお勧めしません。

うつ病の原因

うつ病の原因はセロトニンやノルアドレナリンなどの、興奮脳内伝達物質の不足によるものと言われています。

うつに効く食べの中で効果があるとされているフルーツの中にバナナがあります。

精神を安定させる

バナナには、精神を安定させ、睡眠作用がある「セロトニン」の原料となる「トリプトファン」という物質が豊富に含まれていることが知られています。

痙攣

痙攣(けいれん)を起こして足がつったりする原因は、疲労や冷えで血液が流れにくくなることによる酸素不足、カリウムやカルシウムなどのミネラル不足、そしてウォーミングアップ不足で運動を行ったときなどが考えられます。

運動中はカリウムが不足すると激しい運動時に筋肉が痙攣する危険性がありますが、それもバナナなら豊富なカリウムによって糖類の摂取と同時にカバーすることができます。

PMS(月経前症候群)

月経の2週間前から起こる心身の不調、これをPMS(月経前症候群)と言います。主な原因はホルモンバランスの一時的な乱れです。

脳内伝達物質の一種であるセロトニン不足によってPMSは引き起こされやすくなります。

このセロトニンを補うには、トリプトファンというアミノ酸を取り込む必要があるのです。 とくにバナナや牛乳にトリプトファンが多く含まれています。

カリウムの摂取量を増やすことで、PMSの症状を緩和することができます。

バナナには、セロトニンとドーパミンの2つが同時に含まれている珍しい植物です。

セロトニン:脳幹の縫線核にあるセロトニン神経から作られる。感情のコントロール系。快感と不快感を調和させ、精神バランスさせる。

むくみを取る

手足や顔のむくみが多い方にとってそれを改善する方法の一つとして知られているのがカリウムを多く含む食品を食べるということです。 特に含有量が多いとされているのが「バナナ」なんですね。

カリウムが不足すると、内臓機能が低下し、食欲不振、だるさ、疲労などを招いてしまう。

バナナは果物の中でも、塩分を排出し血流をよくするカリウムや神経の興奮を鎮めるマグネシウムなどが特に多い。

葉酸が不足すると葉酸欠乏性貧血になります。

バナナやメロンなどの果物類に多く含まれています。

貧血予防に適している葉酸が多く、栗やドライフルーツ(ぶどう、あんず、いちじく、バナナ、プルーンなど)は鉄分が多く含まれます。

ビタミンCは鉄分の吸収を高めてくれるので、同時に摂ることで貧血予防に効果が期待できます。

高血圧は塩分の摂りすぎ、不規則な生活、運動不足などの原因が重なって発症する病気ですが、高血圧を抑えるには、「カリウム」が有効です。

カリウムには腎臓で血圧を下げる酵素カリクレイン(kallikrein)を増やす働きがあり、カリクレインの働きで血管が広がり血圧を下げることになります。

カリウムはカルシウムの過剰な排出を抑え、骨密度を増加させることがわかり、骨粗鬆症予防などの点からも注目されています。

バナナには、マグネシウムもたっぷり。マグネシウムは、血圧調整作用とカルシウムの体内の働きを調整する作用があります。

1 2





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

sun3355さん



  • 話題の動画をまとめよう