1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

共働きの夫婦必見!家事分担でもめないようにするコツ

奥さんが専業主婦の場合に比べて、共働きの場合は家事分担でもめやすいもの。相手に思いやりをもって、二人のスタイルを作っていきたいですね!

更新日: 2013年11月29日

minami1987さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1046 お気に入り 260309 view
お気に入り追加

共働きだと、家事分担でもめる…

身を削って死ぬ確率もありながら産んでるので共働きなら男性が家事も育児も全部やるのが当然と思うんだけど。手伝うって言っていいのは妻のほうであって夫のほうではない。

あと新婚の友達が「共働きなのに夫は家事何もやらないからもう犬だと思うことにした。洗濯機のボタン押すとこまで仕込んだけど干して畳むとこまでいつになったら到達するのか…つらい…」って言ってて本当にTLで話題になる問題って他人事じゃないんだっていうか、ただの日常の出来事なんだと思った。

子育てというよりは共働き夫婦の家事の分担の話になってしまうけれど、常に自分の方が負担しているように感じるというケースは多々あると思うんですよね。しかし仕事の状況とか稼働時間帯によってはどちらかが余分に負担するのは仕方ない。平等であろうとするから辛くなるのだと思う。

▽もめないようにするには??

①役割分担を明確にしておく

お互いのライフスタイルと、こなせる家事の量を
考えて分担を決めましょう。

②その時々で出来る方がやる

絶対にこれをする!と決めてしまうと
できていないときにイラッとする。

分担や平等にこだわるよりも、互いの状況を見てできることは
自分がするという気持ちが大事

平日はお互いに仕事があるので、料理は日によって
早く帰る方が担当することにしています。

③感謝の気持ちを表現する

お願いしたことについては手出し口出ししません。
遅くなっても、やってくれたら
「助かった!ありがとう!!」です。

④ルールを作る

私がご飯を作っている時に、先に彼がビールを飲んで
待っているというのはナシ。別の家事をしてもらう

2人で台所に立たない!2人とも料理ができるので、
お互いのやり方でケンカになるから

食事の際に、子供に食べさせていないほうが、
食事の片付けをする

▽二人のスタイルをつくっていこう

我慢を重ねてからの見直しは、かえって不満を生む。
ラブラブなうちにあれこれ試したリ意見交換するとよい。

最初の段階で明確に線引きをしたわけでなく、
やりながら徐々にルールを作っていった

家事分担を円満に進めるカギは、お互いの納得感。
互いに思いやりながら、ふたりのスタイルを築いていきたいもの

1 2





このまとめへのコメント4

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

minami1987さん



  • 話題の動画をまとめよう