1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

立ち食いと侮るなかれ。魅惑の高級グルメがそこにある

立ち食いは、安さ、スピード重視の庶民の味というイメージですが、食いの概念を根底からくつがえすくらいの「高級立ち食い」が存在していました…。

更新日: 2014年01月16日

まっすぃさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5051 お気に入り 728874 view
お気に入り追加

肉肉しいステーキを豪快に”好きなだけ”頬張れるステーキ店

出典retty.me

昨年12月に銀座の歌舞伎座の近くにオープンしたばかり。
1月中に銀座6丁目店もオープン。

営業時間:11時~15時(L.O.14時30分)、16時~23時(L.O.22時30分)

http://www.pepper-fs.co.jp/_img/news/pdf/2013/PFS20131125.pdf

いきなりステーキをお腹に入れ、ステーキをつまみにお酒を飲んで。肉好きにはたまらないお店

このボリューミーなお肉を立ち食いスタイルで食す

300グラム以上で自分の食べたい分だけの肉をオーダーする。その量がカットして炭焼きで提供される

1グラム5円の量り売りスタイル。1キロでも5000円です。

これで300g。セットにして1050円です。
ハンバーグも選べるそうですよ。

食べ終わる前には「お替りはいかがですか?」と声をかけられ、物足りなければステーキを「あと○グラム」と好みの量、追加することができる

かゆいところに手が届く感!

オーストラリアの牧場で、穀物飼料により肥育された肉を備長炭で焼き上げ、アツアツの状態で特製ソースをかけて食べる

1200gをオーダーした猛者も・・・

ガラス越しに見えるグリルする様子。

ステーキレストラン「ステーキくに」の新業態店

あらゆるステーキ肉を客の好きな重量に切って提供してくれることで話題の店。そっちも豪快。

紀州備長炭を使用し、炭火で「外はカリっと、中はジューシー」がお約束。オーダーカットで、目の前で好きな厚さに切り分ける演出が魅力のワンランク上のステーキレストラン。

立ち食いの概念をくつがえす革新のそば屋

店構えが蕎麦屋とは思えないおしゃれなデザイン。照明を抑えた店内では、客が黙々と蕎麦をすすっている

広い空間の中央には黒い石でできた四角い箱のようなテーブルがあり、フチがカウンターになっています。

出典ameblo.jp

インテリアがおしゃれなので、立食パーティみたいですね

みよ、このあふれんばかりのボリューム!
お蕎麦とは思えない外見です。。

濃厚なつけだれで。

ラー油の浮いたツケダレで頂いた瞬間、あまりの蕎麦の歯ごたえに衝撃!でもガツガツいけちゃいます

蕎麦汁はとにかく甘味がガツンと前にでる個性的なタイプ。そこにラー油がドバッとかけられ、たっぷりの黒胡椒でアクセント

ガッツリ系がお好きな方はチェック。
行列の画像をみたら、女性もけっこう並んでいました。

見た目で判断しては損。歴史ある老舗そば屋の味

どの角度から見ても、普通の立ち食いそば屋だけど…。

新宿のメトロ食堂街B1階に、ちょっと高級な立ち食い蕎麦屋がある

(ちょっとわくわくする語り口)

立ち食いそばって、安くて味そこそこのイメージだったけど。。

1 2





まっすぃさん

仕事の悩み、使えそうなものをまとめます。



  • 話題の動画をまとめよう