1. まとめトップ

ビューティーへの第一歩! ココナッツオイルは美肌効果が想定外にすごいらしい

低カロリーなオイルとして知られている「ココナッツオイル」の美肌効果と効果的な活用についてまとめです。

更新日: 2013年12月04日

sun3355さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
24 お気に入り 7594 view
お気に入り追加

弾力のあるうるツヤ髪・肌に

・ 肌の乾燥やシワ、肌荒れなども防いでくれる

・皮膚を柔らかくし、潤いを与えてくれる

・抗炎症作用

・毛髪におけるタンパク質損失を低減する

・油の層が髪をブラッシングやタオルで拭く時に腫れや損傷から髪の繊維を保護してくれる

・有害な環境要因(紫外線、細菌、ウイルス、汚れ、ほこり、など)から身体を守ります。

肌の乾燥やシワ、肌荒れなども防いでくれます。

抗酸化作用があるので、乾燥を防いで潤いと栄養を与え、肌をなめらかに柔らかくします。

毛髪のさらさら感とツヤを取り戻してくれます。

ココナッツ オイルを使うことによって、毛髪のツヤを取り戻つと同時に元気な頭皮を作ります。

抗酸化作用と抗炎症作用

ココナッツオイルは知られている限り最も多く中鎖脂肪酸(MCFA)を含有している食品であり、健康食品であると同時に自然化粧品、上質の調理用油、強力な漢方薬でもある

細菌感染から保護する

ココナッツオイルは成分の50%以上が、体内でモノラウリンに変化するラウリン酸です。モノラウリンは、免疫系を様々な感染因子から保護する抗菌物質です。モノラウリンは、風邪、流感、EBV、帯状疱疹、ヘルペス、慢性疲労症候群の治療補助となります。

化粧水の代わりに使うと!?

Photo by Marili Forastieri / Photodisc

肌の弾力性を向上させることができる。お風呂上がりに体全体にココナッツオイルを塗ります。乳液などと一緒に使えば保湿力がアップします。

ココナッツオイルは肌への浸透力に優れているため、肌に塗った後にベタつきが残りにくいので、他のボディオイルと比較しても使い心地に優れています。

ココナッツオイルの効果的な使い方は、入浴後に水分を完全に拭き取る前にボディオイルとして全身に塗る方法です。

こうすることで、冬場でも肌の保湿を充分にすることが可能です。

ココナッツオイルと美容のレシピ

Photo by 81a/Photolibrary / Stockbyte

ココナッツオイルは、スキンケア、髪に使用されています。乾いた髪に潤いを与え、枝毛の問題に役立ちます。

ヘアマスク

保湿力があるのでオイルを少し手に取り、マッサージすることで頭皮の乾燥やかゆみ、フケの防止薄毛を予防してくれます。

ココナッツオイルでのマッサージは、毛根を強くし滋養を与えるだ けでなく、丈夫な髪が生えてくるのを助け、早く伸ばす効果もあり ます。

フェイシャルトリートメント

顔全体から腕、ふくらはぎ、かかとまで、マッサージで血行を促進しながら、同時にお肌に潤いを与えます。お肌の疲れ、足のむくみをスッキリ解消してくれますよ。

ココナッツオイルに蜂蜜を少量加え、顔全体にまんべんなく塗り10分放置します。ココナッツオイルには強い酸化作用があるのでアンチエイジングが期待できます。

ココナッツ オイルで一週間に二回トリートメントをするだけで、頭皮治療効果でふけを防止するのに役に立ちます。

ココナッツオイルを肌に塗ることで美肌効果やサンプロテクションの効果が期待出来ます。

▼トリートメント使用方法

スキンケアに使う前に!

ココナッツオイルはココナッツほどのアレルギー反応は出にくいことがわかっていますが、アレルギー体質の人はココナッツオイルを使用するときは若干の注意をするようにしてください。

ココナッツオイルアレルギーの可能性もありますので、使用前に必ずパッチテストを行い、かぶれや赤みが起きないか確認してから使うようにすると良いでしょう。

1




sun3355さん


NAVER リンク