1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

冷凍したお肉をおいしく食べるために知っておきたいこと

せっかくの特売日で大量に購入したお肉も美味しく食べれなかったら残念ですよね、冷凍したお肉を美味しく食べるために注意したい点をまとめます

更新日: 2015年05月22日

bc.pikoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1330 お気に入り 659193 view
お気に入り追加

冷凍したお肉はいつまで美味しく食べられるのか?

気が付いたら2ヶ月前に冷凍したお肉が・・・
食べれるの??

水分を多く含んでいる肉ほど保存期間は短い

牛肉が最も水分が少なく、豚肉、鶏肉の順になります

お肉の冷凍保存は1ヶ月を限度にしてください。おいしく食べるには、1~2週間を目安に使い切りましょう

家庭での冷凍保存の場合、1ヶ月ほどの期間なら、肉の風味もそれほど損なわれずに済む

鮮度を重視するなら2週間
美味しく食べられる期間は1ヶ月

~美味しく冷凍保存する基本的な事とは?~

▼注意しなければいけないこと

冷蔵庫の能力を最大限に発揮させるためには、庫内を整理して、食品の詰め込みすぎには注意しましょう。よく整理された庫内は、冷気の対流が良くなり、庫内全般が低温に維持できます

解凍した肉は再凍結しないことです。再凍結すると鮮度を損ない、かつ品質が著しく劣化しますので、避けてください

圧縮すると美味しさをもっと維持できる
ジップロックなどで空気を抜き保存すると良い

▼美味しく食べるための工夫

1回使用分の単位で小分けするのが原則です

まとめて冷凍してしまうと、解凍するときに手間がかかるということですね

空気を遮断しましょう

冷凍庫内では、食品をしっかり密封しておかないと酸化したり霜がつきやすくなってしまいます

空気を遮断することにより冷凍焼けを防ぐことも期待できる

冷凍焼けとは、お肉などの食材から水分が蒸発して脂肪が酸化することにより変色してしまうこと

急速冷凍を心がけて

食品トレーのまま冷凍してしまうと凍るのに時間がかかり、解凍時にドリップ(うま味や栄養分の含まれた液汁)が出やすくなります

冷凍室に急速冷凍機能がない場合は、熱伝導のよいアルミトレーが便利。トレーの上に食品を置き、冷凍室に入れれば、冷凍スピードがアップします

肉の旨みを逃がさない解凍方法とは?

美味しさを重視すると「自然解凍」が一番良い

冷凍肉は、低温でゆっくりと解凍するのが原則です

この目的は、肉のうまみとなっている肉汁が急に流れでないようにするためです

良くない解凍の方法としては、室温に放置するとか、流水や温湯に浸けること

いずれの場合も肉の風味やうまみを損なう原因となります

冷蔵庫解凍は、すべての解凍の基本です

低い温度でゆっくり解凍する冷蔵庫解凍は、味を損なわない基本的な解凍方法です
冷蔵庫内の5℃前後という温度が、戻りすぎという状況を防ぎます

自然解凍:冷蔵庫(冷蔵室)で時間をかけて解凍する

この方法だと、冷凍肉の外側と中心部の温度差が少ない状態で解凍されてゆくので、お肉の旨み成分である肉汁の流出を最小限に抑えることが出来るお勧めの解凍方法

カチカチに凍ったかたまり肉を冷蔵庫内で解凍しようと思ったら、12時間もの時間を必要とします

こういったものの解凍は、前夜、もしくは出かける前に冷蔵庫に移しておくといいでしょう

1





このまとめへのコメント8

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

bc.pikoさん



  • 話題の動画をまとめよう