1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

海賊版じゃない?中国で盛り上がるソーシャルゲーム

日本は一周回った感のあるソーシャルゲームも、中国では加熱。海賊版を象徴とするようにお金の払わない中国人がソーシャルゲームにバンバンお金を払う。その理由はソーシャルでみんながやってるから。海賊版だと意味を持たない中国ソーシャルゲームに迫る

更新日: 2013年12月08日

soloponさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
464 お気に入り 215685 view
お気に入り追加

中国のソーシャルゲームの増益率が日本とはケタ違い…

まだまだ伸びる余地は大きい

メッセージアプリの「WeChat」を運営するテンセントが開発したソーシャルゲームの売上が1日当たり約1.1億円を突破

LINEやKakao Talkと同じ戦術を使う

テンセント初のカードバトルゲーム「全民英雄」がリリースされてから3日間で売上1.8億円突破!同時接続 200万人。凄すぎる!!

約4億人の登録ユーザーがいるWechatのプラットフォームが強み

モバイルアプリプラットフォーム「360 Mobile Assistant」の登録アプリは20万以上、総ダウンロード数は150億以上

桁外れの規模

アクティブユーザーは、2億5,000万人

モバイルゲーム端末の市場において、2013年第2四半期は第1四半期に比べ、スマホゲームが192.6%増加

ゲーム愛好家の数は3億2000万人に増大。うち課金サービスの利用者は2700万人

モバイル向けゲームの開発企業は約4000社に上る

日本とは遊び方が違う中国ソシャゲー

日本のユーザーは、アクセサリや洋服にお金を払う

中国のユーザーはもっと現実的で勝てるためのアイテムを求める。牧場育成ゲームなら、作物を成長させるための肥料にお金を費やす

「中国の通信料は高すぎる」

中国では厳しい容量制限が課せられているため、自宅でスマホをPCに繋いで、PC経由でアプリをダウンロード・インストールする

“パケ死”状態を避けるため

中国はもともと高価なゲーム専用機を購入できない若者がインターネットカフェでパソコンのウェブゲームで遊んでいた

好まれるゲームは取り扱う通信量が少ないゲーム、データサイズの小さなゲームと通信スタイルがどのようなものかに関心が集まる

海賊版の出回る中国でなぜ課金ユーザーが多いのか??

海賊版を象徴とするようにお金の払わない中国人がなぜ

友達や見知らぬ人と一緒に遊ぶことができ、5000人が同時にアクセスして、数百人対数百人の戦いを楽しむとったことが可能

ソーシャルだからこその楽しみ方がある

高級ブランド志向が強く、良い記号を手に入れるために大金を使っており、消費の仕方が似ている

競争を好む国民性も相まっている

ソーシャルゲーマーの約半分が有料ゲームを利用している

アイテム課金の場合は客単価で数百円から数千円の範囲で、手頃な価格で述べるオンラインゲームの特長が大きい

一定の金額を支払えば、一定期間遊べるプランもあり、30日で中国では500円くらい

違法コピーが困難なオンラインゲームは、有料でも普及が進んでいる

日本とは反対にソシャゲーの気運が高まる中国

中国最大級のゲームショウ「China joy」

1 2





このまとめへのコメント10

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • ronaterurooさん|2013.12.09

    おもしろい小説書いたから読んで。↓

    読んどいて損はないよ。^^

    読んだらわかるー。^^

    http://relaynovels.blogspot.jp/

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

soloponさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう