【通販生活 マキタのターボ】
仕様も色々オリジナルですがポイントはバッテリーです。
専用バッテリーは10.8Vで吸引力としては程々。電池容量は、マキタオリジナルの10.8Vバッテリーよりも大きいのでやや長時間の連続使用が可能です。

吸引力・稼働時間とも14.4Vのものと比較するとやはり見劣りしますが、値段相応です。
10.8Vで検討している方には候補に挙がるかもしれません。

専用バッテリーのデメリットとしては、充電時間が3時間かかる(マキタオリジナルは1時間)、マキタの他の工具との互換性がない、バッテリー自体の実売価格がマキタオリジナルのものより割高な点などです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

マキタ掃除機を徹底比較!結局どれがおすすめ?

プロ御用達・工具メーカーマキタの充電式ハンディタイプの掃除機。後悔しないオススメ機種は…

このまとめを見る