1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

捨てないで!意外と使える「固形石けん」の活用法

家に眠っている固形石けんはありませんか?泡立てるのは面倒だし、小さくなったら使いづらいし・・・。だけど、頂き物だから捨てられないなど、使うのにちょっと困る固形石けんですが、家中、身体中、色々な場所で使えるようです。年末の大掃除にも活躍してくれそうですね。まとめてみました。

更新日: 2016年02月12日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2126 お気に入り 622689 view
お気に入り追加

なかなか使わない固形石けん・・・。

義兄からお歳暮に固形石鹸が送られてきた…使わないし、いらない…いつもピント外れなものを送ってくる。いらねーんだよ!

今さら固形石けん・・・。でも、家中、身体中に使える優れモノ!

眠っている固形石けんはありませんか?
泡立てるのは面倒だし、小さくなったら使いづらいし・・・。だけど、頂き物だから捨てられないなど、使うのにちょっと困る固形石けん。
ですが、家中、身体中、色々な場所で使えるそうです♪

私たちの体は、 頭から足のつま先まで同じ皮膚で繋がっているのに、なぜ細分化する必要があるのでしょう。

▼①そのまま食器洗いに。

台所にある洗剤でパパっと洗いたいところですが、スポンジに固形石けんを付けて、しっかり泡立てて洗えば、ビックリするほど油汚れに強いことが分かるそうです。スッキリ洗えて、手荒れの心配がいらないのは嬉しいですね。

【注意点】
・洗剤に比べると滑りやすいので、気をつけましょう。

石けんをきちんと泡立ててから食器を洗うようにすると、ただなすりつけるより汚れ落ちがずいぶん良くなります。

固形石鹸に変えると、ビックリするぐらい手荒れが減ります。減るというよりも、なくなるといった方がいいくらい。

▼②掃除、洗濯もOK!

換気扇の掃除がオススメです。固形石鹸一つで、きれいさっぱり洗い流せます。

洗面台をさっと流す時や、お風呂の掃除、窓拭き…つまり、なんでもOKです。洗う時には、水ではなくお湯を使うと泡立ちがいい

汚れのひどいもの(靴下や雑巾・布巾)は直接、衣類に石鹸をこすり付けて、よくもみ洗い&こすり洗いをして洗います。

靴なんか洗うと特によくわかります。

どろどろになってしまったスニーカー、タワシやブラシに固形石鹸をこすりつけて、洗ってみましょう。ビックリするぐらいきれいになりますよ!スニーカー自体にこすりつけても、もちろんOK。

▼③洗髪も出来ちゃう!

市販のシャンプーでは得られないなめらかな泡立ちになるようです。最初にきしみを感じても、使い続けて行くうちにきしみも感じなくなるそうです。

【注意点】
・強くこすりつけないこと。
・石鹸を丁寧ににすすぎ流して下さい。

・髪にハリとツヤが出てくる
 ・フケが出なくなる
 ・抜け毛・枝毛・白髪の予防になる

十分に濡らした髪の毛に・・・直接固形石鹸をあて、クルクルと数回まわします。この後、頭皮を軽くマッサージするように洗髪します。

1 2





このまとめへのコメント7

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう