1. まとめトップ

医療保険の事なんて今さら聞けない?!医療保険制度の全て!

皆さんの生活にはなくてはならない制度。【医療保険制度】しかし「今さら医療保険の事なんて人に聞けない…」「医療保険について詳しく知りたい!」「損せず医療保険制度を活用したい!」そんな人に向けた、医療保険マスターが作成した医療保険制度の全てです!

更新日: 2014年04月23日

316 お気に入り 6370 view
お気に入り追加

医療保険制度とは…!!

医療保険とは、病院などの医療機関の受診により発生した医療費のその一部又は全部を保険者が給付する仕組みになっています。

まずは、簡単に医療保険制度の概要についてお話しようと思います。

高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。
長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が圧迫されることを防ぐため、被保険者の自己負担割合や自己負担金が定められていたり、予め保障範囲が制限されていたりすることが多い。
強制加入の公的医療保険と、任意加入の民間医療保険の2種類に分けられる。

公的医療保険

日本では「国民皆保険」とされ、生活保護の受給者などの一部を除く日本国内に住所を有する全国民、および1年以上の在留資格がある日本の外国人は何らかの形で公的医療保険に加入するように定められている

いわゆる、健康保険の事です。
任意加入の民間医療保険と違い、健康状態に関わらず加入できるのが最大の特徴です。
また保険料は、収入によって変わってきます。

任意加入の民間医療保険

民間医療保険は、任意加入であり、契約者の財産や所得に応じて、複数の保険会社が用意するメニューからプランを選ぶことが可能である。民間医療保険に期待される役割は、国ごとに大きく異なる。日本では公的保障の補助的役割を果たしており、任意加入である。

民間の医療保険は、持病があるのかどうかといった、審査があります。
これは、将来の入院などの可能性が異なるためです。

また、年齢、性別、持病の有無によって保険料が変わってきます。

保険の種別

・生命保険の各種特約

・終身医療保険

・傷害保険 (損害保険)

・がん保険

・女性医療保険

などがあります。

民間医療保険を選ぶポイント

保険を検討されるに当たって、必要な保障は以下のように分類されると思います。
1)自分のための死亡保障(葬儀代など)
2)残された家族のための死亡保障
3)自分のための医療保障・がん保障

出典Yahoo!知恵袋

保険を選ぶ上で最も大切なのは、その目的だと思います。何のために入りたいのか。何が心配で入りたいのか、ということです。医療保険に入る目的は、大病を煩って大きな金額が必要になった時のためだと思います。

出典Yahoo!知恵袋

医療保険を選ぶ上でこのようなポイントがあるそうです。
しかしながら、やはり保険会社によって特約や審査、給付金などは様々ですので、ご家族の為にも万が一に備え、自分にあったプランに合った保険会社を選ぶ事をオススメします。

安心して未来を預けられるお勧めの保険会社一覧はこちら↓

1





医療保険マスターさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう