1. まとめトップ

【パブロン中毒】金パブにハマってる人が意外に多い!?【パブロン依存】

風邪、特に喉の痛みに抜群の効果を発揮するパブロン。そのゴールドAには、「金パブ」なんて名前もついて、実は飲み過ぎている人も多いらしい・・・。

更新日: 2015年07月05日

some56さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
57 お気に入り 461189 view
お気に入り追加

◎安くて手に入りやすい「パブロンゴールドA」=金のパブロン

2015年7月現在の金パブはデザインがちょっと変わった!!

パブロンゴールドA微粒44包は、通常1480円~で売っていますが、クリエイトなどの一部の薬局では常時値引き状態で、900円代で購入できることもあります。(2015年7月現在)

薬物依存症業界用語でパブロンゴールドAは金パブって言われてます

夕方心療内科へ。 パブロンを安定剤代わりに飲む人はけっこういるらしく依存するらしいとききびっくり。

私の妻は毎日、パブロンゴールドA微粒を飲んでいます。1週間で1箱44包入がなくなります。
3時間おきぐらいに1包飲んでいると思います。2~3年以上は続いています。
わたしも飲まなくは無いのですが1週間に1~2包ぐらいす。
常に体がだるい状態で、飲むと一時的に直るそうです。かぜというよりは、だるいから飲むみたいです。
これはいったいどういう症状なんでしょうか。このまま飲み続けても大丈夫なのでしょうか。

-俺は金パブ中毒。ないと頭痛ひどくてマジで何もできん。もう10年くらい飲んでる。
-風邪と聞いて、なんでバファリン持っていくのか理解できない。
そりゃ解熱作用あるかもしれないが、風邪薬持って行った方がいいだろ。
そこで金パブ!金パブで埋もれようぜ!!!

-

金色のパブロンってやつです

これは市販もされていますし

簡単に手に入ります

ビール3,4本飲んでも酔えない方

この金パブを2包ビールで胃に流し込めば

気持ちよくなるはず

金パブ2回目
5包飲んだら万能感ハンパない!
一週間振りにお風呂入って外出出来た。
バイトの面接申し込みもしてきた。
何より人とスムーズにコミュニケーションがはかれて考え方が健常者になったみたいな。
正しく生きようって。
こんな感覚10年以上振り。
下手な向精神薬やブロンの目じゃない!

友人がパブロン中毒です。
友人が毎日パブロンを飲み続けて10年位になります。
きっかけは、出産を機に風邪をひきやすかったり、体がだるいのが風邪のひき始めと思い飲む機会が増えてきて、
それからいつでも持ち歩くようになり、体が辛かったら飲むを繰り返しているうちに習慣化したそうです。
やめようと思いつつ、体のだるさをごまかすために飲み続けているそうです。
飲む量は1回1袋、1日3回で時々1日で6回飲む時もあるそうです。

パブロンもおいしかった。最近でも突発的にパブロンを飲みたくなることがある。風邪気味でもないのにむりやり咳き込んだりして、「あー、ちょっと風邪ひいちゃったかなぁ」と言いながら、パブロンを飲む。その頻度が、自分でも笑えるくらい多い。一日に一箱ペースで飲んでしまう。

パブロンを一日一箱ペース飲んでいると、なんと風邪に似た症状を引き起こす。パブロンを飲みたくて、風邪を装うのだけれど、パブロンをガンガン飲み続けるとなぜか具合が悪くなってしまうのだ

出会った頃は、風邪を引いていると思っていたが、飲む回数が異常だった。

だいたい1日4回。これを毎日繰り返している。

健康食品ならこれぐらい飲んでも問題はないだろうが、これは医薬品である。飲みすぎたら絶対に体に悪いはずだ。

「確かに体に悪いと思っている。でも、止められない。飲むと喉がすっ~とする」と止める気はあまりない。

この症状は依存症というよりも、中毒状態そのものだ。

こちらが昔のパッケージのパブロンゴールドA微粒。

◎ハマり過ぎに気付いて「断薬」をする人も出てくるほど

パブロン断薬記録3 7月12日(火)以降

パブロンを止めてから今日で12日経ちました。

全身倦怠感と寝つきが悪い状態は続いていますが、夏バテと区別がつかないくらいまで改善してきたので、パブロン断薬記録は今回で終了します。

◎副作用は「肝臓の負担」

副作用が心配されるので、大正製薬に聞いてみた。「代謝する肝臓の負担になる。症状に合ったお医者さんに診てもらうか、精神的なものなら、心療内科へ行くことをお勧めします。お大事に」

[かぜ薬乱用、歯がパリパリとこぼれ落ちました]

42歳から4年間、かぜ薬を乱用しています。パブロンゴールド(常用量、1日3袋)を毎日、10袋飲んでいました。歯がもろくなり、硬いものを食べるとパリパリ割れてこぼれ落ちるようになりました。今は、上歯には、壊れかけの歯が3本残っているだけです。(46歳女性、2002年)

◎主な成分は、アセトアミノフェン(Acetaminophen)だけど・・・

パブロンゴールドA錠を過剰摂取してました。飲むと元気になり、飲まないとひどい疲れを感じます。一日平均30錠近く飲んでました。飲みと元気になり依存症に生ってしまったのはパブロンゴールドA錠に含まれるアセトアミノフェンのためかと思い込んでましたが、咳止めの成分のコデインとエフェドリンが原因と分かりました。

◎一世風靡した市販薬なのにトベちゃう「ブロン液」の成分を弱くしたもの?

現在市販されている「パブロンゴールドA」と「ブロン錠」は、かつての「ブロン液」の成分を弱くしたものです。主成分は、ジヒドロコデインリン酸塩とdl-メチルエフェドリン塩酸塩ですから、大量に服用すればかつてのブロン液と同じ効果が得られると思います。

1





some56さん



  • 話題の動画をまとめよう