1. まとめトップ
  2. 雑学

三省堂国語辞典に笑いの意味で「www」が載る!ほかにも驚きの改訂が

「的を得る」は「的を射る」の誤りではない

更新日: 2013年12月16日

MonohaStarさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
92 お気に入り 62691 view
お気に入り追加

三省堂国語辞典に笑いの意味で「www」が載る!

すごい!国語辞典に、この意味を載せたのは初めてですよ! ダブリュー[W](名)①②③省略④〔←warai=笑い〕〔俗〕〔インターネットで〕(あざ)笑うことをあらわす文字。「まさかwww」(以下略) (三省堂国語辞典第七版) pic.twitter.com/bFbb1HI3XE

〔インターネットで〕(あざ)笑うことをあらわす文字。「まさかwww」〔二十一世紀になって広まった使い方〕

新語に強い「三省堂国語辞典」

類書にない項目(「スイスロール」等)や最新の知見(新語・新用法の発生・普及年代を示す、「銀ぶら」の民間語源を正す)も満載。

新聞、雑誌、書籍、放送、インターネットなどの実例を採集し、約4000語を追加。約82000項目を収録。

『「的を得る」は的を射るの誤りではない』ほか 驚きの改訂が

『三省堂国語辞典』第7版では、従来「誤用」とされていることばを再検証した。「◆的を得る」は「的を射る」の誤り、と従来書いていたけれど、撤回し、おわび申し上げます。「当を得る・要領を得る・時宜を得る」と同様、「得る」は「うまく捉える」の意だと結論しました。詳細は「得る」の項を。

「三省堂国語辞典」執筆者の一人、飯間浩明さんのツイート。

『三省堂国語辞典』第7版で「誤用でない」とした表現に「1人で◆爆笑」があります。爆笑は大勢でするのが正しい、と(最近)言われるが、昔から1人でも爆笑していたことはたびたびツイートしました。今回の版では、例文と説明をつけて、注意を喚起しました。テレビの制作会社の人にも見てほしい。

『三省堂国語辞典』第7版では、巻末の文法・漢字表も一新した。「そんなもの、誰も見ない」と言うなかれ。ぼんやり見ていても何か発見があるはず。わたし的には目玉は「話しことばでの活用語」。動詞が「分かんない」「ふざけんな」「なぐられっぞ」などと活用することは従来の活用表になかったはず。

☆攻めまくりの三省堂国語辞典。本屋さんで見つけたら、めくってみたくなっちゃいますね。

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

まとめリスト
★仕事術:http://ow.ly/b7vX8
★Twitter:http://ow.ly/b8xBR



  • 話題の動画をまとめよう