1. まとめトップ
  2. カラダ

あらゆる悩みを解消してくれる。マカダミアナッツの嬉しい効果

マカデミアナッツ中の油分は大部分が「身体に良い油」と呼ばれる一価不飽和脂肪酸です。脂質・たんぱく質・炭水化物の3大栄養素に加え、各種ミネラル、ビタミン、食物繊維、抗酸化物質がバランスよく含まれています。

更新日: 2013年12月20日

comcommさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
900 お気に入り 443174 view
お気に入り追加

◆マカダミアナッツがもたらす嬉しい効果

もちろん、食べすぎは問題ですが、適量の脂肪を含む食事は満腹感を与え、長期的に持続可能で楽しめるものであることが証明されています。

マカダミアナッツにはコレステロール値を下げる効果があります。

これはコレステロール値を下げるといわれている一価不飽和脂肪酸のオレイン酸を含んでいるためです。

疲労回復効果が期待できます。

マカダミアナッツは、ヴィタミンB1が豊富に含まれています。ヴィタミンB1は糖質を分解し、エネルギーに変えるのを助ける栄養素の為

肌に潤い、ハリを与え、シミやシワを予防

肌に潤いをもたらす作用のある、パルミトレイン酸が含まている。

血管を強化して脳卒中を予防したり、血中コレステロール値や中性脂肪値を減らす作用があります。

味覚や皮膚、脳の働きを保つのを改善する働きがあるとされます。また、胃潰瘍や動脈硬化、老人性認知症の予防にも有用とされます。

◆豊富な栄養成分がバランスよく優秀な栄養食品

様々な研究や摂取試験でナッツ類の健康作用が明らかになるにつれ、食品科学者の多くが「ナッツは健康食」と推奨しています。

医薬品だけに頼らない統合医療の新たな分野となる可能性を持っている。

有効成分が皮膚から浸透し、動脈硬化や血糖値を改善するとのデータもある。

研究者たちは「ナッツは健康に大きな利益ををもたらす、植物性たんぱく質や、食物繊維、酸化防止ビタミン、ミネラルおよびその他多くの有機物質の宝庫です」と述べています。

◆マカダミアナッツの成分

マカダミアナッツは、オレイン酸、パルミトレイン酸などの一価不飽和脂肪酸を含んでいます。

マカデミアナッツはビタミンE、ビタミンB群、ナイアシン、葉酸などのビタミンを少量ですが充分な量含んでいます。

含有される成分には、パルミトオレイン酸、オレイン酸、鉄、亜鉛などがあります。

◆マカダミアナッツの脂質

・オレイン酸 一価不飽和脂肪酸に分類される油

オレイン酸は血中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれる働きがあります。

動脈硬化・高血圧・心疾患などの生活習慣病を予防・改善するとして、リノール酸摂取過多の現代では見直されています。

オレイン酸は不乾性油で保湿力が高く、蒸発しにくい油なので、食用だけではなく髪の毛や皮膚の美容、健康維持のために塗って使うことも、広く行なわれてきました。

・パルミトレイン酸 高級なエステやクリームに使われます。

パルミトレイン酸は、植物の中では唯一マカダミアナッツにだけに含まれている成分です。

パルミトレイン酸が、加齢と共に減少する脂肪酸を補う役目を果たす

◆過剰摂取に注意

1 2





このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう