1. まとめトップ
  2. おもしろ

愛が深まるかも?世界中で流行ってる[アクロヨガ]が超楽しそう

ヨガは女性がやるイメージが日本にはあるけど、これなら楽しみならがカップルでエクササイズできるかも。

更新日: 2013年12月23日

murasaki09さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
436 お気に入り 113719 view
お気に入り追加

ヨガと名のつくものは数あれど、ペアになって行うヨガをご存じだろうか。

ペアヨガのなかでも、アクロバティックパートナーヨガ(アクロヨガ)なるヨガが、アメリカをはじめ各国で人気が高まっている。

パートナーとコンタクトを取りながら行うので。コンタクトヨガと呼ばれることもあります。

アクロバティックパートナーヨガ(アクロヨガ)とは、ヨガ・タイマッサージ・アクロバットの要素を取り入れた2人以上で行うヨガです

2003年にサンフランシスコで生まれたそうです。

どんなヨガ?

実際の動画
流れるよう動きだ!!

愛を深まるかも

2人以上でやることで、互いのコミュニケーションが深まります。また、相手に身をゆだねるということは、心の解放にもつながりますし、信頼関係を深めることにもつながります。

アクロヨガは『愛を深めるヨガ』といってもいいのではないでしょうか

基本の3つの役割

ベース(床に寝る人)と
フライヤー(床から上がっていく人)に分かれ、

初心者の場合は、さらにスポッターと呼ばれる第3者的なサポーターがついて、フライヤーの安全を確保しながらポーズを練習していきます。

「ベース」
フライヤーを支えることで、バランス力、筋力アップやコアの強化が期待できる。また、足を伸ばし続けることで、下半身の柔軟性アップにもつながる。

「フライヤー」
ベースの足で直接、背骨やリンパを刺激されることで全身の血行やリンパの流れがよくなる。そのほか、全身のむだな緊張がほぐれることで、姿勢改善や心の解放効果も期待できる。

「スポッター」
ベースとフライヤーの呼吸やバランスを調整することで、自らの練習の理解が深まる。

「ベース」が支える人で女性でもできるそうです、「フライヤー」が上の人で極端に大柄でなければ飛べるそうです、そして、「スポッター」がフライヤーの安全を確保しながら指示を出す。

かなり難しそうなアクロヨガだけど、初心者でも気軽に楽しめるという。

アクロヨガの中で最もメジャーなポーズ「バード」は、基本姿勢で初心者でもほとんど習得することが可能だという。

フライヤーのウエイトが重くても、(ベースの足に)重心がはまると、ピタっと体が止まります

フライヤーは背筋を使って姿勢をキープすることで、ベースはフライヤーが前後左右に傾かないようにバランスを保つことで、それぞれ体のコア部分を鍛えることができるという。

自分がフライヤーになって相手に身を任せきってしまえば、
とても自由で軽やかな!まるで空を飛んでいるような感覚を
味わうことができます

アクロヨガのバランスを覚えてしまえば、意外と力は必要ないとか・・。

主な効果

・適度に手足のつけ根に圧がかかるので、加圧トレーニングのような効果がある
・主にインナーマッスルを使うので、ひどい筋肉痛にはならない
・骨格アライメントをすごく意識できることで、自分の身体のメンテナンスになる
・筋肉が使いやすい状態で柔らかくなった
・柔軟性が上がった
・身体が若返った
・つながりができた

でも、骨折とかケガには注意ですね。アクロヨガをするために、準備体操、筋トレを怪我の予防に

1





murasaki09さん



  • 話題の動画をまとめよう