1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

寒いとバッテリー消費が早い?知って得するスマホ対策とグッズ達

iphoneなどのスマホやパソコンなどの精密機器を炎天下に放置するのが危険なのは周知のことですが、実は寒いところにおいておくのも良くないそうです。冬の寒い時期にスマホのバッテリー消費が早くなるのも理由があり、少しでも充電を長持ちさせるには普段の心がけが必要となります。

更新日: 2013年12月21日

517 お気に入り 266957 view
お気に入り追加

冬はスマホの充電の減りが早い気がする・・・・

冬の寒い日に外で携帯電話を操作していると、「電池の減りが異様に早い…」と感じたことはありませんか?

いつもと同じように充電しているのに、寒い日は外出先でも屋内でもなんだかバッテリーの減りが早いような・・・?

スマホの充電が変な風に減る時あるんだけど寒いせい??

寒い環境にスマホを置くと、バッテリーの消費が早いとか調子が悪いとかネットに出てたけど、今朝はそれを実感した… ;^_^A

◆やっぱりバッテリーは寒さに弱かった!

こう寒いとき、意外にもへたばってしまうのがスマホ。暑さに弱いことは有名ですが、じつは極度の寒さにも耐えられないそうです。

ある程度の気温には適応できるものの、精密機械は急激な温度変化や極端な気温の下に晒されると不具合が生じることも。

スマートフォンを寒いところに放置するとバッテリーの消耗が早まり、温度変化によりディスプレイに亀裂が入ることもあるとし液晶パネルの寿命も短くなるとしています。

▲バッテリーの消費に影響するだけではなく、最悪の場合は液晶パネルの持ちや寿命にも影響してしまうそう

◆冬のスマホは人肌程度に安定させる

対処法としては寒いところに行く時は上着のポケットに入れて体温で温めるのが一番良いとそうです。

人肌で常に適温が保たれている状態が一番スマホにとってはいいようです。カイロなどで急激に温めるのはNG

冬の北海道などに行った場合は、少しでもバッテリーを長持ちさせるためにコートの内ポケットやスボンのポケットに入れるなどして、自分の体温で温める工夫をしましょう

▼寒い日は充電&電源の入れ方に注意!

冷え切っているスマホやPCなどの調子がおかしい時は焦って電源を入れてはいけません

iPhoneが冷たくなりすぎて電源が切れてしまった場合や、触って冷たすぎるとおもった時の復帰方法に注意。

極端に暑かったり寒かったりする状況下にガジェットを放置してしてまったときは、すぐに電源スイッチを入れないようにしてください。

冷えている状態で電源を入れてしまうとバッテリがーの摩耗が激しくなたったり、液晶パネルを損傷したりすることもあるようです

スイッチを入れる前に、安全な温度の場所に移し、ガジェットの温度が周囲の温度になじむまで待つようにしましょう。

極寒時には「充電」するのも注意が必要。人肌程度に温まるまで待ってみたほうがよさそう

注意ですが気温が氷点下の状態で「充電」してはいけないようです。0℃より寒い状況で充電すると、事故に繋がる可能性があるとのことです。

スマホが冷え切ってしまったからといって、ストーブやドライヤー、ホッカイロを直接当てて温度を上げるのは絶対にやってはいけません

急激に温度を温めて過ぎる(ストーブやドライヤーはもちろんご法度)と、iPhone本体内部に水滴が発生してしまい最悪故障に至る事も。

▷真夏・真冬の車内放置に要注意

すごく寒かったり暑かったりする環境下で車中にガジェットを置いておくと、バッテリーやスクリーン、そのほかの部品に問題が生じる恐れがあります。

炎天下の車内にガジェットを放置すると危険なことは予想がつくと思いますが、実は極寒時の車内もとても危険

気温が氷点下に近づいたら注意が必要です。気温が氷点下を下回ると、完全に故障まではしなくとも、徐々に異常が見られるようになります。

▲これから本格的な寒さになってくる季節。冬場に氷点下を下回る地域に住んでいる人は特に注意が必要です

◆スマホ操作で使える便利な寒さ対策グッズ

寒くなったときのスマホ操作の定番はスマホ専用の手袋

1 2





ゆずみーのさん

気になる情報『衣!食!住!』まとめ



  • 話題の動画をまとめよう