1. まとめトップ
  2. 雑学

■ 男性専用の悩み相談窓口がある

男性が抱える家庭や仕事の悩みに、男性専門員が対応する電話相談窓口が、各地に少しずつ広がっている。

昨今の厳しい経済事情も相まって、社会の状況は厳しさを増し、男性の心の負担も増しているように見えます。

「悩んだときは周りの人に話をすると気持ちが軽くなる」…うつの予防や対策など、メンタルヘルスでは常識

■ 困った時に、弱音を吐ける男性は少ない!

生きていれば予想もつかないことが起こる。身近な人には相談できない、そんな悩みが生まれることもあるだろう。

男性は困っているときでも、自分で何とか解決しようとします。「困ったときには、助けを求めたら良いのに・・・」そう考える女性も多いとは思いますが、男性は追い詰められたときでも、なかなか相談できないのです。

内閣府の意識調査(12年)によると、「他人に弱音を吐くことがある」という男性は28・1%で、「悩みを気軽に誰かに相談する」はさらに少ない17・2%。

■ 「男だから」という価値観にとらわれている!

男性は 子どものころから「男は泣いちゃいけない」「男は負けちゃいけない」「男は弱音を吐くな」など「男らしさ」 という 幻想の 価値観を 家族の中だけでなく 社会からも植えつけられていることがあります。

困っているときでも、自分の能力の高さを示すため相談などで弱みを見せることなどできないのです。特に、自分を頼って欲しいと思っている彼女には。

依存症になったり、うつ状態になったり、心のケアが必要になっていても、このような 価値観にとらわれていたり、思い込みがあるために、なかなか助けを求めることができない。

■ 男がする自慢話には訳がある!

本当のところは、彼らがとても精神的に弱いときにやってしまうことなんですね。

これは、男性が自分をよく見て欲しかったり、褒めてもらいたかったりするのに、なかなか誰にも認められないとか、見てもらえないなどの寂しさを感じるときに、無意識でやってしまう行動

過去を自慢するということは「今の自分には自信がないから」という裏返しだからです。

■ 信頼と癒しを求める男性!

本心をいうと異性に離れられると思っているからです。つまりは、相手に逃げられる、失望されると思うから・・・

男性が女性に弱音を吐く時には叱咤激励を求めているのではなく、癒しを求めているのではないでしょうか?

そんなときには、男性に信頼しているということを伝えましょう!!「こうしたら?」とか「ああしたら?」と心配せずに、笑って待っていれば良いのです。そうすれば、男性は信頼されていると感じます。

女性のように感情の全てを、見せられない男性は、繊細な心の弱さを、言わないでもわかってくれることを、求めているようです。

1





pusa4433さん



  • 話題の動画をまとめよう