1. まとめトップ

【SEO対策】被リンクは無料のワードプレスで

被リンク業者に頼る前に自分で被リンク対策してみませんか。被リンク対策に無料で使えるワードプレスを紹介しています。被リンクはSEO対策に必要です。被リンクを付けることで検索順位が上がりやすくなります。被リンクを通してアクセスアップの流入も見込めます。ぜひこの機会に無料で被リンクを活用してください。

更新日: 2016年07月25日

hilinkさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 15401 view
お気に入り追加

被リンク対策に最適なワードプレスのリンク集

このページでは被リンクサービスを受けなくても、自分で被リンク対策ができるように、無料で使えるワードプレスを紹介します。
・無料で使えるワードプレスに限定して紹介しています。
・日本語のワードプレスに限定して紹介しています。
・ワードプレスは直感的に操作できます。すぐ慣れます。
・ワードプレスはSEO対策に優れています。

初めての人にも被リンク対策に取り組みやすいように配慮しました。
これを機会にワードプレスで被リンク対策をしてみませんか。

今も昔もSEO対策に被リンクは検索順位を上げるために必須です。

巷のSEO記事に出てくる「被リンク」とは外部から受ける被リンクを指します。外部からの被リンクは人気投票のような機能を果たしています。被リンクは「この記事はためになる」「このコンテンツは面白い」ので他の人に紹介したいといった動機から付けられるため、被リンクが多いサイトほど注目されているサイトだとgoogleは認識して検索順位が上がりやすくなります。

以前「被リンク」をテーマにしてランサーズで集めた記事です。参考になるかもしれないので紹介します。http://seoshuugouti.php.xdomain.jp/link/

以下、ワードプレスがSEO対策に優れている理由や無料ブログとIP分散サーバーの比較、ペナルティ対策になる1ブログ1リンクについての説明です。

なぜ被リンク対策にワードプレスを勧めるのか?

以前、googleのスパム対策の最高責任者マットカッツが、ワードプレスはSEO対策に優れていると発言したことがあります。事実、マットカッツのブログでもワードプレスを愛用しています。

WordPress is a great choice
WordPress automatically solves a ton of SEO issues.
WordPress takes care of 80-90% of
(the mechanics of)
Search Engine Optimization (SEO)

WordPressは素晴らしい選択だ。
WordPressはおびただしい量のSEOに関する問題を自動的に解決してくれる。
WordPressはSEOについて80%〜90%は(決まりきった方法については)やってくれる。

ワードプレスのどこがSEO対策に優れているのかみうなりに考えました。
・記事を投稿するだけでping送信をしてくれるので、インデックスされやすい。
・「アーカイブ」を設置することで昔の記事でも漏れなくクロールしてくれる。
・サイドバーに「最近の記事」を載せておけば、投稿するだけですべてのページが更新される。
・記事を投稿すると、ページ送りに掲載されている記事がズレていくため更新効果がある。

すなわちワードプレスをメインサイトとして使えば上位表示しやすく、被リンク対策に使えば上位表示の効果が高いと考えています。

【番外編】無料ブログ VS IP分散サーバー比較

被リンク対策に無料ブログとIP分散サーバーは比較されることが多いのでまとめてみました。

【無料ブログの特徴】
■長所
・維持費がかからない。

■短所
・ブログの削除、終了がある。
・数を集めようとしたらブログを探すのが大変。
・1件1件申し込まないといけないのが手間。
・ワードプレス以外のブログも使うのならログイン画面がそのつど異なるので慣れるまで大変。

【IP分散サーバーの特徴】
■長所
・ブログの削除、終了がない。
・一括管理ができる。ワードプレスを一気にインストールすることもできる。

■短所
・維持費がかかる。

結局、無料ブログとIP分散サーバーはどちらがお勧めなのか?

無料ブログとIP分散サーバーはどちらも長所と短所がありますが、総合的に考えるとみうは無料ブログのほうが優れていると考えます。

その理由はサイト運営は安定して稼ぎ続けることが難しいからです。インターネットの世界ではすぐに状況が変わります。検索結果も日々変わっていきます。今日1位で明日圏外に飛ぶことも日常茶飯事です。

IP分散サーバーを使っていた場合、メインのサイトが飛んだあともIP分散サーバーの料金を払い続けることはできますか?不可能ですよね。だからといってIP分散サーバーを解約したら最初からやり直しになります。

一方、無料ブログはランニングコストがかからないため、状況が変わって順位が落ちても解約する必要がありません。その代わり時間が立つと減っていきますが、ブログの数が減っても、海外ブログも対象にすればいくらでもブログの数を増やすことができます。ブログの数を増やせば増やすほど、無料ブログのメリットが大きくなります。いくら増やしても無料だからです。

以上のことを考えると、IP分散サーバーよりも無料ブログを使ったほうが良いと考えています。

被リンクサービスは次々と現れては来ていきましたが、消えた被リンクサービスとと生き残っている被リンクサービスにはある共通点があります。生き残っているサイトは一貫して被リンク対策に無料ブログを使っています。IP分散サーバーを使っている被リンクサービスはみんな飛んで行きました。被リンク対策に無料ブログを使うやり方で正しいと思っています。

みうはメインサイト、サブメインサイト、被リンク用ブログという #分類 をします。メインサイトは削除されないように有料プランを使います。サブメインサイトは商用利用可で終了になりにくい無料ブログを使います。被リンク用のブログはこだわらずに多くの無料ブログを使うという方針で行きます。

1ブログ1リンクがgoogleのペナルティ対策になります

最近は内部SEOの比重が高くなっています。しっかりとコンテンツを作り込むことも重要です。

今のgoogleで上位表示を望むのなら長文記事を書くことが必須になっています。googleはテキスト量が多いサイトを評価します。テキスト量が多くしないと順位は上がっていかないんですね。上位表示されているライバルサイトと自分のサイトのテキスト量を比較して、ライバルサイトよりも長い文章を書くことが一つの目安になります。

ワードプレスのレンタルブログ

1 2







  • 話題の動画をまとめよう