1. まとめトップ

フリクションボールで、インクが出ない!交換せずに復活させる方法

替芯を替えたばかりで、まだインクが残っているのにインクが出ない!そんな時、諦めるのはまだ早い!やり方次第で復活させる方法があります。

更新日: 2014年03月04日

ntwmachineさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
19 お気に入り 147147 view
お気に入り追加

原因は乾燥にあり!

Photo by Jupiterimages / Stockbyte

インクが出なくなってしまった原因の主たるものは乾燥にあります。
 原因1:乾燥してペン先に空気が入ってしまった。
 原因2:乾燥してペン先が固まってしまった。

つまり、インクを再び出すようにするのは、上記原因を取り除いてやればよいのです。

方法1:遠心力を加える

乾燥してペン先に空気が入ってしまった場合、その空気を外に出してやる必要があります。

ペン先に空気が入っているため、インクをペン先に満たしてやる必要があります。
ペンを勢いよくふることにより、遠心力によりインクをペン先に押しやり、空気を取り除きます。

手で持って思いっきり振る方法もありますが、輪ゴムを利用してびゅんびゅんごまの要領で遠心力を加えるといいかもしれません。

方法2:濡らした紙の上で書いて固まったインクを溶かす

ペン先のインクが固まってしまった場合、そのインクを取り除く必要があります。

ペン先から水をいれるため、濡らした紙の上を優しくなぞるように筆記します。自分の経験では割と諦めずに根気よくなぞることが必要です。

注意!熱を加えないで!

ボールペンの場合、固まったインクを溶かすため、熱を加えるという手法がありますが…当然フリクションペンでやると、インクの色が消えてしまうため、避けましょう。

普段から気をつけること

インクは自重によりペン先にインクを送り出しています。上向き筆記、横向き筆記は空気が入る元ですので控えるようにしましょう。

また、乾燥を防ぐため、使用後はペン先を引っ込め(またはキャップ)るように心がけましょう。

1





ntwmachineさん



  • 話題の動画をまとめよう