1. まとめトップ
  2. カラダ

塩分を摂り過ぎていませんか?塩分摂り過ぎからなる病気が恐ろしい

世界の成人の4分の3が1日推奨量の2倍近くの塩分を摂取しているそうです。適度な減塩で高血圧からなる生活習慣病を予防しましょう

更新日: 2014年01月03日

comcommさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
304 お気に入り 255421 view
お気に入り追加

◆成人のほとんどが塩分を摂り過ぎている

世界の成人の4分の3が1日推奨量の2倍近くの塩分を摂取している

米国心臓協会(AHA)年次集会で発表された。米ハーバード大学公衆衛生学部のSaman Fahimi氏らの研究。

塩分のとりすぎが原因となり死亡する数は世界で年間230万人に上るというショッキングな調査結果が発表された。

年齢が高いほど、「漬け物」から塩分をとる割合が高いという結果も出ています。

◆塩分を摂り過ぎていると...

塩分濃度を薄めるために水が必要なので、のどが渇く

塩分を摂りすぎると、むくみの原因になります。

なんと「塩分」もいびきの原因になっていることが分かりました。

薄めるために血液量が多くなりますが、横になった時にそれが喉の周辺にも流れ込むため、気管が狭くなります。

◆塩分の摂り過ぎが引き起こす病気

塩分の過剰摂取が続くと常に血圧が高い状態になるため、高血圧になるとかんがえられます。

濾過機能を十分に働かせるため、自律神経が腎臓を通る血液量を増やし血圧が高くなります。

腎臓の機能が慢性的に低下し続けることで、腎不全や脳卒中などの心血管疾患となるリスクが高い慢性腎臓病

日本では成人の8人に1人とされ、食事のコントロールが欠かせない疾患

動脈硬化を引き起こすことがあり、生活習慣病につながることもあります。

虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)、あるいは脳卒中といった甚大な発作を起こしてやがては最悪の場合、死につながってしまいます。

食塩を摂り過ぎると胃がんになりやすいことは確か

◆食事で塩分をコントロールしよう

塩分の多い漬け物や汁物は、食べる回数と量を減らしましょう。

しょうゆやソースなどは、かけて食べるより、つけて食べたほうが塩分の摂取量が少なくてすみます。

薄い味に舌が慣れるまでしばらく時間がかかりますが、香辛料や酸味・辛味などで味の豊かさを工夫し、塩味をカバーして美味しい料理を作ることが大切です。

料理の味付けの際は、減塩しょうゆなどを使用し、酢やレモンなどの酸味や香辛料を利用すれば、減塩でもおいしく食べられます。

◆逆に塩分不足にも要注意

塩が不足すると、新陳代謝が衰えて皮膚の再生が遅くなりますので、肌荒れにも関係があるといえます。

塩分不足が続くと食欲が無くなり、結果、栄養不足となってしまうのです。

1 2





このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう