1. まとめトップ
  2. ガールズ

月経は来るけど無排卵?月経不順の恐ろしさ

毎月1回来る月経。「今月は遅れてるな~」、「なんか最近周期が安定しない」。もしかしたらそれって、ちょっと危ないかも

更新日: 2014年01月05日

837 お気に入り 765466 view
お気に入り追加

女性にとって、月経は健康バロメータ

月経は、女性の体と心の健康バロメータとも言われ、だいたい30日前後の周期で繰り返されている

生理がきてても周期が乱れていたり、間隔が長すぎると「無排卵性月経」の危険も潜んでいる可能性がある

月経不順だと思って放って置かないで

月経は来ているけれど排卵していない状態。普通の月経よりも出血量が少なかったり、少量の出血がダラダラ続いたりすることが多い

月経痛もあまりないそう

月経は周期的に繰り返され、人種によっても多少差があるが、日本人の場合、月経周期は25日から38日の間が正常範囲とされている

月経周期が24日より短いために、月経が たびたび来るものを頻発月経と言います。月に2回も3回も月経になる場合、無排卵性か排卵性かに分けられる

無排卵の場合、卵巣がホルモンを出すことをサボりきってはいないが、しっかりとした「波」がなく、ホルモンを少しずつダラダラと出している状態なので、月経も不規則になりがち

月経血の量は少ないのに、10日も2週間もダラダラと月経が続くことが多いのが特徴

正常な女性であれば低温相と高温相の二相性に変化する基礎体温が、一相性のままで月経様出血を認める状態

通常は十分な卵胞成熟がおこらず、その結果として卵胞ホルモンの低下による出血が短い周期で起こる

無排卵月経の原因はさまざまだが、ホルモンをつかさどる脳の視床下部の乱れが大きく影響している

無排卵月経だと妊娠できないの?

無排卵性周期を放置していると卵巣機能はますます低下して、無月経になりその後に排卵することが難しくなる

妊娠を希望している既婚の女性にとっては、無排卵月経であれば問題。このようなケースでは、積極的にホルモン検査などを行う

無排卵性月経の治療法は、大きく分けて「漢方薬」「ピルなどのホルモン剤」「排卵誘発剤」

薬をのむことで、排卵するように促すんだそう

身体のサイクルを知るためには基礎体温

低温期(卵胞期)は約2週間、排卵をはさんだ高温期(黄体期)が約2週間と、低温と高温がはっきりしているのが正常な基礎体温

基礎体温とは、朝目覚めた後、身体を動かす前の最も安静時の体温のこと

基礎体温をつけると排卵の有無や卵胞期と黄体期のリズムがわかり、月経の異常の原因を見つける手がかりとなる

受診するときは2カ月程度の基礎体温表を持参すると、診断の助けになる

基礎体温を測る目的は、1カ月のリズムを把握することなので、1日測り忘れても、次の日に測ればよい

無理なく自分のペースで測ってください

1





みるふぃーユさん

メイクやコスメなど、いろんなことが気になってます。



  • 話題の動画をまとめよう