1. まとめトップ
  2. カラダ

最近、疲れやすい?もしかしたら〝グルテン過敏症〟なのかも?

日本でも「グルテンフリー・ダイエット」が話題になりつつあります。しかし、グルテンを受け付けずにやむなくグルテンフリーになられてる方や過剰摂取による「グルテン過敏症」で悩まれている方も多いと推定されています。その増えつつある「グルテン過敏症」とはどのような症状なのでしょうか?

更新日: 2015年08月17日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
142 お気に入り 73525 view
お気に入り追加

●グルテンフリー・ダイエットが話題に?

今やアメリカ・セレブの常識、日本にもじわじわ浸透しつつあるグルテンフリー・ダイエット。

ちまたではグルテンフリーダイエットが話題となりましたが、このグルテンを体が受け付けずやむなくグルテンフリーを迫られる人もいるのです。

タンパク質の一種であるグルテンはさまざまな食品に含まれており、グルテンを摂取すると体質によってはアレルギー症状を引き起こすといわれています。

・「グルテン」とは?

・グルテンを使用している主な食品

グルテンを使用している主な食品は、パン、シリアル、パスタ、クラッカー、カクテル等があります。

・アメリカでは「グルテン過敏症」に悩まされている人が多い?

グルテン過敏症は医薬検査で確認することが難しいため、体調不良で病院に行っても原因がわからないままなんてことも。

アメリカには、グルテン過敏症を把握しないまま体調不良に悩まされている人が多く存在するといわれています。

●「グルテン過敏症」の症状

1.頭痛もしくは偏頭痛がある

アメリカのある研究によると偏頭痛をもつ患者のうち56%にグルテン過敏症の兆候がみられたという結果が得られています。

2.頭がぼーっとして集中力に欠ける

グルテンには含まれるグルテオモルフィンはモルヒネと構造がよく似ているため、グルテオモルフィンが体内に取り込まれるとモルヒネのような働きをする場合があることが確認されています

そのため、グルテン過敏症の人がグルテンを摂取すると、頭がぼーっとして集中力に欠けたり、頭がすっきりしないなどの症状がみられることがあります。

3.理由もなく気分が落ち込む

グルテンの摂取は栄養分の吸収の妨げを引き起こす場合があることが確認されています。

ビタミンBやビタミンD、鉄、亜鉛、オメガ3脂肪酸など脳の健康を維持するのに不可欠な栄養素の吸収を妨げられることにより、鬱病や気分のむらを引き起こすことがあります。

4.関節が痛む

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう